TOP > 投資対象 > 投信・ETF > ご覧のページ

三菱UFJ 投信が、低コストの各種インデックス投信 の設定を発表しました。

以下、ニュースリリースから引用

----

三菱UFJ 投信は、ネット投資家向けの新ブランド「eMAXIS」(イーマクシス)を立ち上げましたので、お知らせ致します。

資産形成層と呼ばれる勤労世代の投資家の皆さまに対し、低コストの豊富なパッシブファンドラインナップをご提供しようという思いから新ブランドの立ち上げに至りました。

当初販売会社として、株式会社SBI 証券カブドットコム証券株式会社、および楽天証券株式会社に御協力頂けることとなりました。

-----

新しいファンドの主要顧客を「ネット投資家」としている点が印象的でした(^^)

SBIと楽天で購入できるのはナイスですね。

eMAXISシリーズは、国内外のインデックスを幅広く網羅しており、ノーロードで信託報酬・信託財産留保額ともに安価!

スポンサーリンク

同じようなコンセプトのSTAMシリーズとの比較です。

 信託報酬信託財産留保額
eMAXISSTAMeMAXISSTAM
国内株式(TOPIX)0.42%0.483%  なし0.05%
国内株式(日経225)0.42%  -  なし  -
国内債券0.42%0.462%  なし0.05%
先進国株式0.63%0.777%  なし0.05%
先進国債券0.63%0.672%  なし0.05%
新興国株式0.63%0.872%0.30%0.30%
新興国債券  -0.756%  -0.30%
国内REIT0.42%0.672%0.30%0.05%
先進国REIT0.63%0.861%0.30%0.05%

日経225については、「ニッセイ日経225インデックスファンド」の信託報酬が最安値(0.2625%)ですが、それ以外のインデックスについては、国内投信ではeMAXISが最安値となりました。

残る問題は、信託報酬以外の保有コストですね。

三菱UFJ投信の既存のインデックスファンドの運用報告書によると、国内株式、先進国株式、国内債券、先進国債券のファンドでは、その他コストは信託報酬の10%以下であり、これと同程度であれば問題なさそうです。

eMAXISとSTAMは、マザーファンドの純資産総額では大差ありません。

多くの人の関心は、「eMAXISに乗り換えるか、それともこれまで通りSTAMで行くか」でしょう。信託報酬以外の保有コストやファンドの状況に関しては現時点は不透明な点がありますので、どちらの考え方もあるか。

また、乗り換える場合でも、以下の2パターンがあるか。

①信託報酬が安いという確実な事実に重きを置き、すぐに乗り換える。

②一定期間運用状況をチェックし、その他コスト等が問題なさそうなら乗り換える。

このような低コストなインデックスファンドのラインアップが広がり、競争が進むのは、個人投資家にとっていいことだと思います。

日本のネット証券の手数料、FX業者のスプレッドは、世界最高峰の低水準ですが、それは激しい競争の結果でしょう。

投信業界においても、同様の競争が進み、eMAXISシリーズやSTAMシリーズのように、資産形成に資する優良なファンドが増加すればいいなと思っています。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2009.10.10 Sat l 投信・ETF l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/178-578a3207
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)