TOP > 家計・公的年金・社会保険 > ご覧のページ

「金持ち父さんの投資ガイド上級編」を図書館で借りて読みました。

一言で要約すると、「ビジネスを立ち上げ、そこから得られる利益を収入を生む資産に投資し(利益はゼロになり、課税は無くなる)、税金を払うことなく、収入を生む資産を拡大させていく」です。

日本企業の高度成長期の成長は、主に上記のようなパターンだったと思われるので、至極その通りだと思いますが、生粋のサラリーマン(サラリーマン3代目ですorz)の自分には少々ハードルが高いです・・・(ノ_・。)

以下、その他に面白かったところです。「金持ち父さんの投資ガイド上級編」から引用

-----

中流の人たちは、成功すればするほど多くの負債を抱え込む。大きな車や別荘、ボート、キャンピングカーといったものが買えるようになるからだ。

彼らの給料は、入ってきたと思ったら、日々の生活費と、個人で所有するこれらの贅沢品のローン返済のためにすぐ出て行く。

洗練された投資家は自分のポケットにお金を入れてくれる資産を買う。いたって簡単なことだ。

「支出の欄から出て行くお金のうち、最終的に同じ月のうちに収入の欄に戻ってくるお金の割合は何パーセントか?」

「お金をたくさん儲けたあと破産する人は、その直前によく次の三つのことをやります。一つめは、飛行機か大きな船を買うこと。二つめは、サファリ旅行に出かけること。そして三つめは、離婚して若い奥さんをもらうことです。これが始まったら、私は破産に対する準備を始めます。」

ここでも人は負債を買う、つまり資産と離婚して負債を作り出し、それから新しい負債と結婚する。こうなると新たに二つの負債を背負うことになる。

-----

スポンサーリンク

離婚後の若い奥さんとの再婚を、「新しい負債と結婚する」って・・・(爆)

ただ、性的魅力を主因として、金持ちになる前から連れ添ってきた配偶者と離婚して、若い人と結婚するのはどうかとも思います。金持ちになる前から寄り添っていた人は貴重だと思いますが・・・、ここら辺の考え方は個人差があるとのかもしれません。

この点、押尾学に高額家賃の「ヤリ部屋」を提供していた、野口美佳ピーチジョン社長は、キャッシュという資産と離婚して、問題を引き起こす負債を抱え込んでいたという点では、金持ち父さんリテラシーが少々足りなかったのかもしれません。

まあ、彼女にしてみれば、普通のサラリーマン(OL)がキャバクラ(ホスト)で遊ぶようなものなのかもしれませんが。

話はそれますが、押尾学が保釈後に、女子大生に声をかけている(ナンパ?)している姿が報道されているようですorz。アイフル社債の売買価格(利回り41~152%)並みに凄まじいですね・・・。ここまで頭がぶっ飛んでると、生きるのが楽かもしれません・・・。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2009.10.02 Fri l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (4) トラックバック (0) l top
    コメント
    1. こんばんは

    いつも楽しみに拝見しております。
    今回も押尾・野口氏を例に出してのとこ
    笑えました!!
    2009.10.03 Sat l kai侍(旧カイジ). URL l 編集
    2. 資産に投資する…か

    なるほど、参考になります。
    てか、、元手がない(  ゚ ▽ ゚ ;)
    2009.10.03 Sat l seisakuron. URL l 編集
    3. Re:こんばんは

    >kai侍(旧カイジ)さん

    ありがとうございます!
    カイジは全シリーズ・全巻読みました。和也編はまだ読んでないのですが、少し楽しみにしたりしてます♪
    2009.10.04 Sun l まつのすけ. URL l 編集
    4. Re:資産に投資する…か

    >seisakuronさん

    私も元手ありません・・・。ワンルームマンションですら、レバレッジを効かさないとダメです・・・。

    2009.10.04 Sun l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/166-19ace37b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)