TOP > 保険 > ご覧のページ

国内唯一の芸能人向け年金制度が、廃止されたようです。

以下、asahi.comから引用

-----

 芸団協が73年4月から運営してきた「芸能人年金共済制度」(芸能人年金)は、サラリーマンの企業年金にあたる私的年金だ。芸団協所属の18~65歳の芸能人や配偶者が加入でき、受給は65歳から。今年5月末時点の加入者は2859人、受給者は2158人だった。

 その芸団協は6月22日、芸能人年金の廃止を決めた。きっかけは06年4月に施行された改正保険業法だ。私的な共済事業が運営者に悪用されて加入者が損害を受ける詐欺事件が相次いだため、改正法では無認可共済への規制が厳しくなった。仲間うちの小規模な共済も、加入者が1千人以下などの一部を除いて規制対象になった。

 芸団協は芸能人年金が規制から外れる運営方法を模索したが、昨年12月から始まった新たな公益法人制度が追い打ちをかけた。芸団協が新法人に移行すると文科省の監督を外れ、この時点で芸能人年金は「無認可」状態となり、自動的に保険業法で規制されることになるからだ。

 運営を続けるには保険会社か少額短期保険業者(ミニ保険)などに衣替えする必要があるが、芸能団体が保険会社の免許を得るのは事実上不可能。ミニ保険は期間1~2年で年金とは根本的に性質が違う。民間の保険会社に運営を任せる手もあるが、「掛け金を随時減らせるなど柔軟性の高い商品設計をそのまま引き継ぐのは無理、と保険会社に言われた」(芸団協)。

芸団協はすでに加入・脱退の手続きをやめ、株や債券の売却を進めながら掛け金の返還を始めている。大林さん(芸団協専務理事)は「大変無念だが運営を続ける方法がない。国はなぜ、私たちのような“助け合い年金”まで廃止に追い込むのか」と悔しさをにじませる。

-----

スポンサーリンク

このニュースを目にした時、なんとなく薬のネット販売規制と似ていると感じました。

一部の不良業者や詐欺事件の被害を防ぐために、包括的な規制がかかり、その結果、不利益を被る人たちが出てきたという構図か。

この芸能人年金は、法改正によって廃止に追い込まれる訳ですから、政治・法律の影響力を改めて実感しました。

他には、日本医師会が運営する年金も、この法改正で継続が不可能となるようです。

しかし、芸能人にも年金へのニーズがあり、このような制度があるとは知りませんでした。

そこで、サラリーマンの年収と、芸能人の年収を調べてみました。

芸能人で年収1000万以上なのは約8%にすぎず、約56%が年収400万未満でした。

これに対して、サラリーマン男性は、年収1000万以上は、なんと芸能人と同じ約8%で、全体の約39%が年収400万未満でした。

 年収1000万以上年収400万未満
サラリーマン男性約8%約39%
芸能人約8%約56%
※サラリーマン男性の統計元:国税庁 平成19年 民間給与実態統計調査結果

※芸能人の統計元:日本芸能実演家団体協議会

芸能人は所得格差・ボラティリティが高くハイリスク・ハイリターンであることが、統計上からも裏付けられますね。

トップクラスの年収は億を超える人もいると思いますが(サラリーマンは2000~3000万で頭打ちか)、年収1000万以上の割合ではサラリーマンと互角ですし、年収400万未満の層は、サラリーマンより約17%も多いです。

華やかに見える芸能界も、芸能活動と生活の両立に苦労し、老後の備えをする余裕がない芸能人が多いんでしょうね。

芸能人の年金に対するニーズがあるのも頷けます。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2009.08.29 Sat l 保険 l コメント (2) トラックバック (0) l top
    コメント
    1. 無題

    芸能人にも年金があったとは!
    TVに映るのはほんの氷山の一角なのですね・・・
    面白い記事をありがとうございました!
    2009.08.30 Sun l 株@八木亮介. URL l 編集
    2. Re:無題

    >株@八木亮介さん

    ありがとうございます!私も全く知りませんでした・・・。


    こうしてみると、企業の確定給付年金は予定利率が4~5%の企業もあり、かなり有利ですね。

    ただ、日航の例を見ても、今後は、確定給付ではなく、確定拠出年金へと移行する流れなんですんかね…。


    2009.08.31 Mon l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/147-7c01b04c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)