TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

■2009年8月の購入

①TOPIX連動型ETF(1306)

②STAMグローバル株式インデックス・オープン

③東証REIT指数連動型ETF(1343)

④STAMグローバルREITインデックス・オープン

④は米国の不動産系経済指標が回復してきたことに着目し、ほんの少しだけ買ってみました。ただ、外国のREITの実情はよくわからないので、ゼロサムゲーム的な投機と割り切り、ほんのわずかの金額です。

■2009年8月の売却

・USEN(4842)

株価が100円を割った時、ボロ株投資の観点で少し買ったのですが、以下のニュースを見て、127円で即刻売りました。

以下、ロイターから引用

-----

USEN <4842.OJ > が、投資ファンドのMBKパートナーズを含む複数のファンドと最大200億円の資本を受け入れる方向で交渉していることが7日、明らかになった。複数の関係者が明らかにした。

USENは交渉がまとまり次第、10月をめどにファンドに対し第三者割当増資を実施する見通し。

USENの時価総額は約225億円のため、ファンドが最大200億円の増資に応じると、発行済み株式総数はおよそ倍増する。

-----

今回のUSENの増資の場合、成長戦略のための前向きな増資というより、非常に悪い財務体質の中、社債や負債の償還のためのネガティブな増資という意味合いが強いように思いました。

スポンサーリンク

■9月の株式市場

日本、米国ともに、過去の統計上は9月は、軟調になるケースが多いです。

9月は、戦後の東証再開以来、上昇が25回、下落が35回。このパフォーマンスは、12ヶ月の中で、ぶっちぎりで最下位。

ここ10年間は、2勝8敗で、これも最下位。

日経の記事で見たのですが、月別の平均騰落率で見ると、日米ともに、9月が1年の中で最も軟調な月です。

 日経平均NYダウ平均
騰落率順位騰落率順位
6月0.8%60.4%8
7月0.1%101.5%1
8月1.0%31.1%5
9月-0.8%12-1.4%12
10月-0.1%110.0%9
11月0.7%80.9%6
12月1.0%41.5%2

※情報元:大和総研

また、ここ20年のデータ、過去数十年のデータを見てみると、10~5月は株価上昇率が高く、6~9月は軟調となっています。

 6月~9月10月~翌年5月
日経平均1949年5月以降1.2%8.1%
過去20年-4.6%0.7%
NYダウ平均1920年5月以降1.6%5.8%
過去20年-2.3%10.0%

※情報元:大和総研

9月が軟調になる要因としては、以下の3つが挙げられています。

①ヘッジファンドの年内の解約に伴う換金売りが出やすいのが9月である。

②海外では、ミューチュアルファンドが10月末の決算前に、含み損のある株式を売却して、節税を狙う傾向にある。

③日本においては、9月中間決算前に、決算対策絡みの売りが出たり、外国人による日本株投資が消極化する傾向にあるそうです。

だからといって、今年も9月が軟調になるとは限りませんが・・・。スタンスとしては、9月の季節要因等により下落する局面があれば、押し目買いしたいと思います。

米国市場では、NYダウの200日移動平均線との乖離率が10%を超えてきており、ITバブル時以外は10%が乖離の上限となることが多いことから、短期的な足踏み・調整があるかもしれません。

その場合は押し目買いのチャンスか。

・投資部門別売買動向(東証)の推移は、以下の通りです。

The Goal

※8月は、第2週まで。

外国人が完全に買い越し基調になってきました。

昨年9月~3月に合計約6兆を売りこした外国人は、4月以降は約2兆円買い越しました。

しかし、まだリーマンショック移行の売りこし額の約1/3を買い戻したの過ぎず、オーバーウエイトの余地は大きいと思われます。

日本株は世界景気の影響を受けやすく、景気敏感株と位置づけられており、 世界経済の本格回復に向かう見通しが立ってくれば、外国人による日本買いが本格化してくるかもしれません。

■為替市場の先行き

ここ最近やや円高方向に推移したことにより、インフレ率を調整した後の実質的な貨幣価値からは、ドル円は過去の統計上やや割安な水準。

ドルの先安感はありますが、長期的観点からは、ドル建てMMFの購入時期、FXのドル買いポジションを取るとしては悪くないと思います。

※短期売買とは無関係です。

・実質ドル円相場  ※1973年=100
 実質名目
1985年2月125.64 260.34
1987年12月68.66 128.25
1990年4月92.37 158.50
1995年4月54.63 83.53
1998年8月99.57 144.76
1999年12月74.17 102.61
2002年2月102.53 133.53
2005年1月86.75 103.27
2007年6月107.67 122.64
2008年12月79.31 91.21
2009年4月89.01 96.30

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2009.09.01 Tue l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/135-ccbf1a7b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)