TOP > ブログ > ご覧のページ

コメダ珈琲の外観

カフェというとスターバックスやタリーズなどが人気ですね。ノマドの代名詞はスタバかコワーキングスペースとなっています。しかし、長居するならば、個人的にはコメダ珈琲とルノアールがお気に入りです。

銀座ルノアールは東証JASDAQスタンダードに上場しており、飲食券やコーヒーセットの株主優待があります。コメダ珈琲は残念ながら非上場です。株主優待はありませんけれども、自腹でも行きたくなる魅力があります。

スポンサーリンク

コメダ珈琲の店内と席は落ち着く。

コメダ珈琲は名古屋を中心とした中京地区が本拠地の喫茶店であり、近年は関東進出が進んでおり、東京にも多数の店舗ができました。

コメダ珈琲の店内は木目調で小洒落たログハウスのような雰囲気であり、リラックスできる空間です。席もソファー風で落ち着けます。独立して隣がいない席も多数あり、かなりくつろげます。
コメダ珈琲の店内 (2)

スタバも雰囲気は良好ですが、席が狭い傾向があり、隣の席が視野に入らざるを得ないことが多い点がマイナスポイントです。くしゃみや咳をしているとかなり気になってしまします。

また、コメダ珈琲には複数の新聞、雑誌が置いてあるのもポイントが高いです。日経トレンディやTarzanなどをよく読んでいます。二人がけの席かカウンターにはPC用の電源コンセントがあるのも便利です。


モーニングサービスがお得!

コメダ珈琲のモーニングはドリンクを頼むと、トースト半分とゆで玉子が無料でついてきます。これは嬉しいですね。トーストにつけるのは、バターかジャムを選べます。
コメダ珈琲のメニュー (1)

愛知の喫茶店のモーニングは、どこでも飲み物を頼めば、トースト、ゆで玉子が付いてくるのが基本のようです。このような喫茶店文化はいいですね。小倉、バター、イチゴジャムが出たり、サラダやヨーグルトまでついてくるお店もあるようです。

コメダ珈琲のモーニングのトーストとゆで卵

モーニングサラダは約200円でボリュームがあります。健康にいいですね。
コメダ珈琲のサラダ

ドレッシングはオリジナルとしょうゆの二種類です。個人的にはしょうゆの方が美味しいです。
コメダ珈琲のサラダドレッシング

100円であずきも頼めます。バターたっぷりのトーストにあずきは強烈に相性がよく、合体したら戦闘力が強靭化するスーパーロボットの如き様相を呈しています。
コメダ珈琲のあずき

コーヒーは普通サイズと1.5倍のたっぷりがあり、価格差が100円しかないため私は常にたっぷりを頼んでいます。コーヒーの味は標準的であり、他のカフェと比べて特筆すべき点はありません。
コメダ珈琲のたっぷりアイスコーヒー

スポンサーリンク


飲み物には豆菓子つき!

モーニング以外の時間帯においては、ドリンクを頼むと豆菓子がついてきます。こういうおまけは嬉しいですね。愛知では、お豆、あられ、クッキー、ミニパンなど何らかのおまけが付くのが基本のようです。素晴らしいですね。
コメダ珈琲の飲み物についてくるお菓子 (1)

コメダ珈琲の飲み物についてくるお菓子 (2)


スイーツが美味い!

名物のシロノワールは、ふわふわホカホカのデニッシュと冷たいアイスが融合しており、オトコとオンナといった感じで絶妙なマッチングとなっています。デニッシュパンの上にソフトクリームが騎乗しており、メープルシロップをかけて食べます。
コメダ珈琲のシロノワール (2)

コメダ珈琲のシロノワール (4)

コメダ珈琲のシロノワール (1)

甘いものとコーヒーは合います。天空の剣と天空の鎧の組み合わせと同じ水準です。
コメダ珈琲のコーヒー


お得なコーヒーチケット

コメダ珈琲にはお得なコーヒーチケットがあります。これも愛知ではメジャーな制度のようです。4月25~27日は、1.5倍のたっぷりチケットがかなり割引になっています。

チケットでもモーニング無料は適用されるので、すかさず買いました。通常520円のたっぷりコーヒーや540円のたっぷりカフェオーレが約385円になり、モーニングだとトーストとゆで玉子がつくのでかなりお得感がありました。

コメダ珈琲のたっぷりチケット2

コメダ珈琲のたっぷりチケット


まとめ

コメダ珈琲は、二文字で表現すると「和み」と形容できる寛げる空間、モーニングのトースト&ゆで玉子無料サービス、雑誌・新聞・電源コンセントなどが良い点です。

休日の朝食にぴったりのカフェです。ゆっくり朝食とコーヒーを食べて、雑誌・新聞・スマホ・タブレット・PCなどを楽しむ時間は至福です。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2014.04.26 Sat l ブログ l コメント (2) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1328-b50e2c41
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)