TOP > 投資対象 > 株式 > ご覧のページ

日高屋のモツ野菜ラーメンセット

ハイデイ日高(7611)の株主優待を利用して日高屋で食事しました。今回はモツ野菜ラーメン、餃子、半チャーハン、生キャベツとガッツリ食べました。

ハイデイ日高は安価でそこそこ美味しい中華料理屋でしっかりと利益を出しています。イメージ的には王将と似ています。関東の王将的な存在です。日本の飲食企業としては、利益率が高い企業です。

スポンサーリンク

ハイデイ日高の株主優待

ハイデイ日高の株主優待は、優待券かお米券です。株式数によって金額が異なります。

  • 100株以上・・・優待券2,000円分またはお米券2kg
  • 500株以上・・・優待券10,000円分またはお米券5kg
  • 1,000株以上・・・優待券20,000円分またはお米券10kg

    私の家の近所に日高屋の店舗があるので、いつも優待券を選択しています。

    日高屋の株主優待 (2)日高屋の株主優待 (1)


    日高屋の食事

    期間限定のモツ野菜ラーメンを食べました。とんこつベースで辛味噌仕立てのラーメンであり、たっぷりの豚モツ(100g)と野菜が具です。
    日高屋のモツ野菜ラーメン

    私はモツやミノなどの内臓系お肉は平気なのですが、ちょっとモツの臭みがきつかったです。苦手な方は要注意です。

    半チャーハンセット(770円)にしました。チャーハンは無難な美味しさで十分に満足できます。
    日高屋の半チャーハン

    中華料理における縁の下の力持ち、ボランチ的な役割である生キャベツ(170円)を頼みました。キャベツは体にいいですね。味付けも美味しく、ビールに最高に合いそうです。
    日高屋の生キャベツ

    餃子6個(210円)を頼みました。にんにくが無いタイプでお昼でもガツガツいけます。
    日高屋の餃子

    寝坊して朝から何も食べないまま13時30分になった状況で、かなりお腹が空いていたのでガッツリと食べました。これだけ食べて1,150円である点はいいと思います。優待券2枚と150円で決済しました。王将と日高屋はお気に入りです。

    ハイデイ日高は楽天にも出店してるようです。ハイデイ日高楽天市場店があります。一日100セット限定で餃子60個が1,200円となっており、結構お買い得ではないかなと思います。


    ハイデイ日高の経営状況・業績・指標

    ハイデイ日高は低価格の「中華食堂日高屋」が主力であり、焼き鳥の店舗「焼鳥日高」も展開しています。源流はさいたま市大宮区の中華料理「来来軒」という店です。

    首都圏の駅前・繁華街立地に重点的に展開しています。直営主義であり、FCではなく直営店方式で運営しています。

    新規店舗のみならず、既存点も底堅い推移を見せています。

    ハイデイ日高の売上高推移

    食材仕入価格の上昇、工場の増設、光熱費の増加、出店増に伴う開業費の増加、パート・アルバイトに定期賞与制度を導入したことによる人件費増によって、減益が危ぶまれていましたが、平成26年2月期の決算は予想を若干上回る数字を手堅く出し、増収増益となりました。

    業績・配当推移と予想は以下の通りです。派手な成長ではありませんが、着実な業績を上げています。一株利益と配当は右肩上がりです。

    【業績】売上高営業利益経常利益純利益1株益(円)1株配(円)
    単11. 2*24,8273,1043,0591,57694.520.8
    単12. 2*27,4063,3003,2481,62497.324.3記
    単13. 2*29,5203,6883,6292,028121.529.2
    単14. 2*31,9973,7433,7052,137128.136
    単15. 2予33,0003,9003,8502,150128.836

    平成26年2月期は、営業利益率11.7%、経常利益率11.6%、純利益率6.7%、C/Fマージン(営業キャッシュ・フロー÷売上高)10.2%、ROE15.0%でした。

    日本の飲食企業としては、しっかりと利益とキャッシュを上げています。経常利益率と営業キャッシュフローマージンは10~12%で安定しており、ROEは15%前後で推移しています。

    決算期経常利益率純利益率営業CFマージンROE
    2010/2月期9.85.211.113.3
    2011/2月期12.36.412.215.7
    2012/2月期11.95.912.014.4
    2013/2月期12.36.911.616.0
    2014/2月期11.66.710.215.0

    自己資本比率74.1%、キャッシュ・フロー対有利子負債比率(有利子負債÷営業CF)0.3年、インタレスト・カバレッジ・レシオ(営業CF÷利払い)373.4倍と財務状態は極めて良好です。

    現在の株価は2,275円であり、100株(22万7500円)の株主優待利回りは0.88%です。予想配当利回りは1.58%(配当性向27%)で、配当+優待利回りは2.46%です。

    PBR2.51倍、予想PER17.3倍です。過去2年間のチャートは以下の通りです。2012年以降は株価が大幅に上昇しています。

    私はかつては1000株ホルダーでしたが、株価上昇とともに900株を利益確定した状況です。1単元は永久ホールドで配当と優待をいただく予定です。

    2012年以降は割安修正が入り、現在はバリエーションが高くなっており、ここで新規に買うのはちょっと怖い側面があります。いつか何らかのショックが発生して、市場につられて大きく調整することがあったら、500株か1000株への買い増しを行いたいと考えています。

    スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2014.04.16 Wed l 株式 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1315-0b792b98
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)