TOP > IPO > ご覧のページ

ジョイフル本田

ジョイフル本田(3191・東証所属部未定)のIPOが決定しています。ブック・ビルディング期間は4月3日(木)~4月9日(水)です。想定価格は2,700円(1単元27万円)、仮上限は2,450~2,700円(1単元24.5~27万円)と下振れました。初値予想は公募価格近辺でマイナス・リターンもあり得るというスタンスです。

スポンサーリンク

ジョイフル本田の事業はホームセンターです。プロ需要にも答えられる資材から、日用雑貨・消耗品までバランスよく構成して専門的に負けない売り場を築くことを志向しています。

数万~数十数万平米のひとまとまりの敷地内にグループで帯同出店して、「ジョイフル本田ダウン」を構築しているのが特徴です。今後も基本的には大型店を出店する方針です。

茨城・千葉を中心に、栃木・群馬・埼玉・東京に出店しています。

業績面では、売上高・純利益は横ばいであり、経常利益は微減の推移となっています。前期ベースで自己資本利益率5.1%、自己資本比率81.3%、C/Fマージン5.56%です。営業キャッシュフローは純利益を大幅に上回っています。

ジョイフル本田の業績推移

IPOの規模は最大で約110億円であり東証一部なら問題ない規模です。

経営者一族等の個人株主82名に原則として90日間のロックアップがかっています。VC、常陽銀行に原則として180日間のロックアップがかっています。

コーナン商事やDCMホールディングスを筆頭にホームセンターは低PER・PBRの業種でIPOにおいても人気はありません。

地味で魅力に乏しい業種、低い成長性などから、初値予想は公募価格近辺です。マイナス・リターンもあり得ると考えます。

主幹事はMUFJモルスタであり、その他では、野村證券、みずほ証券、常陽証券、マネックス証券、SMBCフレンド証券、カブドットコム証券で申し込めます。

<投資スタンス>
中立
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

※過去1年間の初値予想履歴
IPO20140401.png

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2014.04.01 Tue l IPO l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1312-ff11ed16
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)