TOP > 銀行 > ご覧のページ

住信SBIネット銀行のキャッシュカード

MUFJ、SMBC、みずほ、ゆうちょなどの大手銀行を利用している方が多いでしょう。しかし、ネット銀行は店舗はなくてマイナーですが、サービス面では充実しています。中でも私が最もおすすめなのは、住信SBIネット銀行です。私も口座を保有しています。

スポンサーリンク

おすすめの理由1.振込手数料が月3回まで無料

無条件に月3回まで振込手数料が無料です。全く無条件でコンビニのATMが無料で使えて便利に入出金可能な銀行で、振込手数料も月3回無料というのは、日本屈指のサービスです。

住信SBIネット銀行の振込手数料

残念ながら楽天銀行は無料の対象外です。楽天銀行に振込手数料無料の銀行には、新生銀行があります。


2.ATMの手数料が無料

住信SBIネット銀行は、セブンイレブン、ゆうちょ銀行、ローソン、Enet(ファミリーマート等)、ビューアルッテなどのATMの入出金手数料が無料です。条件は一切ありません。

ATMの手数料を無料にするために、給与振込が必要だったり、一定金額以上の残高が必要だったり、クレジットカードの契約が必要だったりする銀行もありますが、住信SBIネット銀行は無条件で無料です。

セブンイレブンとビューアルッテは無制限に無料です。ゆうちょ銀行、ローソン、Enet(ファミリーマート等)は月5回まで無料です。

住信SBIネット銀行のATM手数料は無料


3.高金利の円定期預金

住信SBIネット銀行は、メガバンクと比べると定期預金の金利が高いです。また、定期的にお得なキャンペーンがあり、現在も開催しています。

住信SBIネット銀行の円定期預金


4.普通預金も高金利

住信SBIネット銀行とSBI証券の両方に口座を解説し、お互いの口座をリンクさせると、「SBIハイブリッド預金」が利用できます。

これはSBI証券での取引に使える銀行預金(円普通預金)です。普通の預金と同じく預金保険制度の対象で元本保証です。

金利は年0.10%とメガバンクよりも圧倒的に高い水準となっています。普通預金ではイオン銀行や楽天銀行と並んで最高水準です。

現在は住信SBIネット銀行のWebサイトよりSBI証券口座を開設し、かつSBIハイブリッド預金に一度に50,000円以上入金すると1000円のキャンペーンが行われています。

住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金


5.クラジットカードや公共料金等の決済も充実

ネット銀行が弱い点は決済です。クレカや公共料金が引き落とせなかったりしますが、住信SBIネット銀行はかなり充実しています。

クレジットカードでは、ジャックス、JCB、アメックス、VIEWカード、イオンカード、JALカード、楽天カード、クレディセゾン、ライフカード、エポスカード、高島屋、出光など数多くのクレカで引き落とし口座に設定できます。

また、NHK、NTT、ドコモ・au・ソフトバンク・イーモバイル、数多くの生損保・収納代行会社、田中貴金属などの引き落とし口座にも設定できます。

お使いの状況によっては、住信SBIネット銀行だけでの生活も十分に可能です。


まとめ

コンビニ・ゆうちょのATMで手数料無料で入出金できて、かつ振込手数料が月3回まで無料なので、「メイン銀行は他にある」という場合でも、住信SBIネット銀行に口座開設しないと損です。

メイン銀行としても有力候補だと思います。

まだ口座をお持ちでなければ、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


2014.03.13 Thu l 銀行 l コメント (2) トラックバック (0) l top
トラックバック
トラックバック URL
http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1285-bdacaf46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)