TOP > IPO > ご覧のページ

ホットマン

ホットマン(3190・東証JASDAQスタンダード)のIPO・上場が決定しています。ブック・ビルディング期間は3月5日(水)~3月11日(火)です。想定価格は470円(1単元4.7万円)、仮条件は470~520円と上振れました。初値予想はプラス・リターンです。

スポンサーリンク

ホットマンは、イエローハットやCCCやランシステム等とフランチャイズ契約を締結し、カー用品販売・取付・車検・整備等の「イエローハット」、ニコニコレンタカー、DVD・CD等のレンタル等の「TSUTAYA」、中古車買取・販売の「ガリバー」、中古カー用品の買取・販売の「アップガレージ」、100円ショップの「ザ・ダイソー」、インターネットカフェの「自遊空間」を運営しています。

また、宝くじ売場やアミューズメント施設「セガ」も運営しています。店舗数はYellow Hatが全体の約75%と圧倒的割合であり、イエローハットがメインです。地域は東北中心です。

株主優待を年1回実施することが決定しています。平成27年3月期においては、平成26年9月末の株主に対して、JCBギフトカードが贈呈されます。金額は100株以上1000円、300株以上2000円、1000株以上3000円です。

従業員数は909人、平均年齢32.8歳、平均勤続年数7.5年、平均給与約339.9万円となっています。

業績面では、売上高・経常利益は平成24年3月期までは右肩上がりでしたが、ここ2年度は調整局面になりました。前期ベースで自己資本利益率14.57%、自己資本比率30.59%、C/Fマージンは約1.8%です。PER4.88倍です。

ホットマンの業績推移

IPOの規模は最大で約9.8億円とJASDAQスタンダードとしては小型です。小型であるほど初値リターンは高い傾向にあります。

ホットマン従業員持株会と(株)ビッグウェイ以外の全株主(合計約79%)に原則として180日間のロックアップがかっています。

大型ではない上場規模はプラスであり、株主優待の実施(想定価格ベースで優待利回り2.13%)は株価の底を支えます。1単元4.7万円と小口でそこそこの優待利回りである点はプラス材料です。初値予想はプラス・リターンです。

主幹事はSMBC日興、副幹事はSBI証券であり、その他では、岡三、みずほ、東海東京、野村で申し込めます。

<投資スタンス>
<やや強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

※過去1年間の初値予想履歴
IPO20140305.png

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2014.03.04 Tue l IPO l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1272-06dfba34
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)