TOP > 投資対象 > 投信・ETF > ご覧のページ

幅広い人気を誇るさわかみファンド。澤上篤人氏が数年前にファンドマネージャーの座を息子の澤上龍氏に譲り、運用の第一線からはひいていました。

さわかみファンドの次期後継者候補であった岡大氏を追放し、投資経験が3~4年程度しかなく、フリーターだった息子の澤上龍氏に運用を任せることに対しては、批判の声もありました。

ちなみに、岡大氏は現在、ありがとう投信のファンドマネージャーをなさっているそうです。

個人的には、運用のスキルがあり、運用者として優秀であれば、世襲であろうがなかろうがいいと思いましたが、日経の記事を見る限りは、正直う~む・・・でした。

スポンサーリンク
日経金融新聞 2007年1月10日(水)から引用

-----

実際の運用は長男の沢上龍氏(31)が担当する。

龍氏は高校卒業後、サーフィンに熱中しながらアルバイトを転々とした。

父親に誘われ、00年に月給6万円のアナリストとして入社。今では澤上社長は運用の大方針を示すだけで、銘柄選択や投資額は息子に任せている。

-----

日経新聞2007年5月11日(金)夕刊より引用

-----

サーフィンに明け暮れるフリーター、沢上龍が父親の投資信託の事業を手伝い始めたのは、人手が足りないといわれて「何となく」だった。

 最初は切手をはるぐらいしか仕事がなかったが、そこで一工夫した。近くの郵便局員と交渉、毎月二百万―三百万円分の記念切手を確保した。「きれいな切手で手紙が届くとうれしくないですか」

 学びたいことがないから大学には行かず、金融知識もゼロの自由人。しかし人の気持ちをくむ才能はあった。

 父の篤人が営むさわかみ投信は長期投資で約二千五百億円の個人投資家の資産を預かる。運用を切り盛りしているのが長男の龍であることはあまり知られていない。

 「人生をかけられる仕事って何だろう?」。高校を出てから二十四歳で父の会社に入るまで自分探しをしていた。それを黙認した父親が「何もしないでぼーっとしているわけではなかった」と振り返るように、あれほど精力的なフリーターも珍しかった。

 家では父親の書斎に並んだ歴史本を読みあさった。夜、酒場のアルバイトに出ると人間観察。急に怒り出す客、泣き続ける客。昼間は出ない人間の素顔がそこにあった。それをなだめたり、すかしたり。客あしらいは抜群だった。

 投資も人の思惑の読み合いだ。会社に入り、経済や企業財務を勉強してみると、夜の世界の体験に通じる部分が多く「想像以上に面白かった」。人生をかけられる仕事、それは案外近くにあった。

 足りない知識を埋めるため、寝る間を惜しんで本を読んだ。入社四年後にファンドマネジャーへ昇格。運用成績でもトップになり、現場の最終意思決定者になった。

 運用規模は「メガファンド」と呼ばれる大手とは比べられないが、一九九九年の立ち上げ以来、減ったことがない。業界ではまれという。

 自由人の性分がまだ抜けず、実はこれから激務の合間に渡米し、金融機関などの見習いとして働く。顧客の大半は百万円、二百万円という金額を預ける個人投資家だ。その期待を裏切らないための武者修行に“フリーター”はうってつけなのだ。(敬称略)

-----

引用終了

ここ2~3年は、①運用成績がインデックスを若干下回る、②長期投資が理念であるにもかかわらず、安値で損切りする例が目立つ、③ナンピン買いのタイミングが非常に早くて含み損が拡大するケースが多いなどの、さわかみファンドの運用に対する批判の声も耳にしました。

ナンピン買いのタイミングが早いのは、龍氏が右肩上がりの相場しか経験がないことでしょう。下落相場に対応できず、2007年以降の下落相場で、早いタイミングでのナンピンを繰り返したことが、パフォーマンス悪化の要因のような印象がします。

そうした状況下、澤上龍氏がファンドマネージャーの座を降ろされていたようです。澤上篤人さんも、息子のパフォーマンスに我慢できなくなったのでしょうか。

以下、日経新聞から引用

-----

次の10年間への新たな動きも出始めた。04年以降沢上氏のもとで運用を担った長男の龍氏が任を外れ、運用陣が変わった。

一時340を超え、多すぎるとの指摘が出ていた保有銘柄数も200程度に絞り込んだ。

-----

さわかみファンドの直近数ヶ月のパフォーマンスを見る限りは、運用陣変更の効果が出ているのかもしれません。

The Goal ※青がさわかみ、赤が日経平均

さわかみファンドの理念には共感するけど、龍氏がファンドマネージャーのファンドには怖くて投資できないという方は一定数いそうですので、今回のファンドマネージャーの交代は、さわかみファンドにはプラス材料のような気が。

今後の成り行きに注目したいと思います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2009.07.28 Tue l 投信・ETF l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/125-b2da268d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)