TOP > ブログ > ご覧のページ

椿山荘 (2)

親類から東京に行くので泊めてくれという話がありました。しかしながら、私の家は人様をおもてなしするような状況ではありません。自動掃除機のルンバが人気ですが、私の家にルンバを置いても障害物が多すぎて動きません。。ルンバは夢のまた夢です。そんなわけで私のゴチで一度行きたかった椿山荘に一緒に泊まることにしました。藤田観光(9722)が運営しているホテルです。

スポンサーリンク

昔はフォーシーズンズホテル椿山荘として運営していましたが、フォーシーズンズと決別し、藤田観光が独自で運営することになり、名称も「椿山荘」に変わりました。株主優待も利用可能なホテルです。

藤田観光の株主優待はホテル宿泊50%割引・レストラン20%割引などの優待券です。1000株以上10枚、3000株以上20枚、5000株以上30枚です。じゃらんや楽天トラベルと比較しても素泊まりだと安いことが多いです。

現在の株価は339円(1単元33.9万)、PBR1.67倍、予想PER82.68倍、予想配当利回り1.18%(配当性向97%)です。

ホテルは全般的にキレイになっており、御三家等と比較しても満足いく水準です。エレベーターホールもピカピカでした。
椿山荘 (1)

最上階にはラウンジがあり、珈琲・紅茶・ハーブティーなどのドリンクを楽しみながら全面ガラス張りの空間でまったりくつろげます。最近は多くのホテルでラウンジが取り入れられてますね。
椿山荘 (15)

部屋の入口です。
椿山荘 (24)

ドリップコーヒー・ティーパック・ミネラルウォーター1本が無料でいただけました。製氷機もあります。
椿山荘 (23)

部屋は広々としており、和モダンな感じで落ち着けます。
椿山荘 (8)

ベッドはSealy社の特別仕様で、どのような寝姿勢にも理想的な圧力で身体全体を支える特徴を持つポスチャーテックコイル(世界特許)だそうです。枕はワイトダックダウン30%・スモールフェザー70%で、首への負担が少ないそうです。確かに寝心地は十分でした。
椿山荘 (3)

浴室は完全セパで、バスタブ・シャワーブース・トイレが分離されています。ユニットはカーテンをいちいち閉めたり、窮屈な耐性で体を洗わなければならず煩わしいですね。
椿山荘 (4)

椿山荘 (5)

アメニティの入れ物も和を活かしたテイストでオシャレでした。石けんは人気のロクシタンでした。
椿山荘 (13)

風呂あがりはバスローブ・ガウンをまとい、リラックス出来ました。
椿山荘 (10)

都心部のホテルでも寝具の浴衣はなくてはなりませんね。
椿山荘 (11)

テレビが入っている家具がユニークでした。
椿山荘 (21)椿山荘 (22)

スポンサーリンク


椿山荘には日本庭園があります。桜の季節や紅葉の時期は美しいようです。
椿山荘 (14)

日本庭園に池は定番ですね。水を見ると落ち着きます。椿山荘 (16)

夜はライトアップされていい雰囲気です。カップルですと、夜のお散歩もいいかもしれません。残念ながら私には関係ない話です。
椿山荘 (17)

椿山荘 (18)

椿山荘 (19)

パンフレットで椿山荘一周年記念の500万円のプランを見かけました。スイートルーム・三食・スパ・トリートメント12泊分(2名分)、諸々の体験12回、滞在時に利用可能なホテルクレジット50万円、ゴールデンプロミスカード(名前入りの純金)のセットでした。
椿山荘 (20)

ラグジュアリーでした。私が500万円使うとなると、車の買い替えとなってしまいます(笑)。まあそれ以前の問題として、このプランに申込たくても一緒に泊まる相手がいないという不都合な真実があるんですけどね。

現実的なところでは、「椿を食す」と題された椿ランチビュッフェ4,000円が気になりました。今回はランチを食べる機会がなかったので、今度行ってみようかなと思いました。
椿ランチビュッフェ

総合的には十分に満足いくホテルでした。たまにはこういう空間で寛ぐとリラックスできます。キングダブルのお部屋だと一日5室限定で一人11,000円というプランもあるようです。東京駅からはちと離れていますが、おすすめできるホテルだと思います。

・じゃらんで口コミ・お値段などをチェック
・楽天トラベルで口コミ・お値段などをチェック

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2014.02.10 Mon l ブログ l コメント (6) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1246-21c344cb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)