泣く大人も黙るAmazonがクレジットカードを発行しました。Amazon MasterCardクラシック、Amazon MasterCardゴールドの2つです。これらのカード内容と、その他の高還元クレジットカードとの比較についてまとめました。

スポンサーリンク

Amazon MasterCardクラシック

Amazon MasterCardクラシックは普通のクレジットカードになります。Amazonでの買い物は還元率1.5%になります。100円毎に15ポイント貯まります。Amazonのクレカのポイントは、10ポイント=1円の価値です。1ポイント0.1円です。

Amazon以外での利用時は還元率1%(100円毎に10ポイント)になります。

25,000ポイント貯まるごとに、Amazonギフト券2,500円に自動交換されます。手間がかかるのは忙しい現代人には煩わしいため、自動で交換されるのは便利です。

ポイントの有効期限は4年あります。Amazonだけなら約16.7万、Amazon以外だけなら25万円の利用で2,500円の還元です。4年で16.7~25万円はほとんどの方が使うと思うので、小口でも有効なカードです。

年会費は1,350円(初年度無料)ですが、年1回の利用で翌年度も無料になるので、実質的には無料です。ビックカメラSuicaカードと同じですね。まとめると以下の通りです。

  • Amazonでの買い物・・・還元率1.5%
  • それ以外・・・還元率1%
  • 年会費は1,350円(初年度無料、年1回の利用で翌年度も無料)

現在は入会で2,000円分のポイントがいただけるキャンペーンを開催しています。

Amazon MasterCardクラシックの詳細はこちら☆


Amazon MasterCardゴールド

Amazon MasterCardゴールドはゴールドカードになります。Amazonでの買い物は還元率2%になります。Amazon以外での利用時は普通版と同じで還元率1%です。

年会費は10,000円+消費税(4月からは合計10,800円)です。Web利用明細を設定すれば、年会費が1,050円安くなります。マイ・ペイすリボ(リボ払い)にすると、翌年度半額です。

マイ・ペイすリボは初回は手数料がかからないので、利用額と同じ全額のリボ払い設定にするか、毎回増額返済すれば手数料・金利はかかりません。純粋に年会費半額分がお得になります。

マイ・ペイすリボへの登録+利用で年会費半額、Web明細書ご利用1,050円割引を組み合わせると、6,550円引きになり、年会費は実質4,250円になります。

Amazonプライム(高スピードでの配達サービス)が、無料で付与されます。Amazonプライムの費用は通常ですと年3,900円です。これを考慮すると年会費は実質350円です。

まとめると以下の通りです。

  • Amazonでの買い物・・・還元率2%
  • それ以外・・・還元率1%
  • 初年度の年会費は10,500円(マイ・ペイすリボ+年1回の利用で翌年度は半額、Web利用明細で1050円引き)
  • 2年目の年会費は最低で4,350円(マイ・ペイすリボ+Web利用明細)
  • Amazonプライム(年3900円相当)が無料

AmazonのヘビーユーザーでAmazonプライムを利用している方であれば、ゴールドの利用を検討し得るかもしれません。

現在は入会で3,000円分のポイントがいただけるキャンペーンを開催しています。

Amazon MasterCardゴールドの詳細はこちら☆


ジャックスのReader's Card(リーダーズカード)

Amazonのクレカを検討している方は、Amazonをよく利用する方だと思います。Amazonのヘビーユーザーにおすすめなのは、リーダーズカードです。

Amazonだと還元率1.8%(通常1.5%)であり、JACCSモールを経由してAmazonを使うと還元率が2.3%になります。年会費2,625円ですが、年間50万以上使えば翌年の年会費は無料になります。

リーダーズカードの詳細はこちら☆


その他

その他で日本最高峰の高還元率クレジットカードとしては、漢方スタイルクラブカード、REX CARD(レックスカード)、リクルートカードプラスがビッグ・スリーです。

漢方スタイルとレックスは還元率1.75%であり、JACCSモールを経由してAmazonを使うと還元率が2.25%になります。Amazonでの利用よりもほかでの利用が多い場合は、これらが有力です。

リクルートカードプラスは還元率2.0%です。

スポンサーリンク


具体的な還元額まとめ(Amazonでの利用)

これまで言及してきたクレジットカードをAmazonで利用した場合、具体的にどれくらいの還元額になるかをまとめました。Amazonでの利用を考慮して、リクルートカードは比較から除きました。

Amazonゴールドは、マイ・ペイすリボへの登録+利用で年会費半額、Web明細書ご利用で年会費1,050円割引、Amazonプライム3900円を考慮しています。これらを考慮しない場合は、Amazonゴールドは割高なので圏外です。

漢方スタイルのボーナスポイントやリーダーズ・REXの年会費無料も考慮しています。

使用額漢方スタイルレックスリーダーズAmazonAmazon
ゴールド
月1万(年12万)1,12575-8251,8001,950
月2万(年24万)3,8252,7752,8953,6004,350
月3万(年36万)6,5255,4755,6555,4006,750
月4万(年48万)9,2258,1758,4157,2009,150
月5万(年60万)13,17513,50013,8009,00011,550
月6万(年72万)15,87516,20016,56010,80013,950
月7万(年84万)18,57518,90019,32012,60016,350
月8万(年96万)21,27521,60022,08014,40018,750
月9万(年108万)25,22524,30024,84016,20021,150
月10万(年120万)27,92527,00027,60018,00023,550
月15万(年180万)41,42540,50041,40027,00035,550
月20万(年240万)54,92554,00055,20036,00047,550

Amazonでの利用での還元額No.1のクレジットカードは、以下の通りです。

使用額漢方スタイルレックスリーダーズAmazonAmazon
ゴールド
月1万(年12万)No.1
月2万(年24万)No.1
月3万(年36万)No.1
月4万(年48万)No.1
月5万(年60万)No.1
月6万(年72万)No.1
月7万(年84万)No.1
月8万(年96万)No.1
月9万(年108万)No.1
月10万(年120万)No.1
月15万(年180万)No.1
月20万(年240万)No.1

スポンサーリンク


具体的な還元額まとめ(Amazon以外での利用)

Amazon以外で利用した場合の還元額も表にまとめました。こちらはAmazonプライムは考慮していません。

使用額漢方スタイルレックスリーダーズAmazonAmazon
ゴールド
月1万(年12万)525-525-8251,200-3,150
月2万(年24万)2,6251,5759752,400-1,950
月3万(年36万)4,7253,6752,7753,600-750
月4万(年48万)6,8255,7754,5754,800450
月5万(年60万)10,17510,5009,0006,0001,650
月6万(年72万)12,27512,60010,8007,2002,850
月7万(年84万)14,37514,70012,6008,4004,050
月8万(年96万)16,47516,80014,4009,6005,250
月9万(年108万)19,82518,90016,20010,8006,450
月10万(年120万)21,92521,00018,00012,0007,650
月15万(年180万)32,42531,50027,00018,00013,650
月20万(年240万)42,92542,00036,00024,00019,650

Amazon以外での利用での還元額No.1のクレジットカードは、以下の通りです。

使用額漢方スタイルレックスリーダーズAmazonAmazon
ゴールド
月1万(年12万)No.1
月2万(年24万)No.1
月3万(年36万)No.1
月4万(年48万)No.1
月5万(年60万)No.1
月6万(年72万)No.1
月7万(年84万)No.1
月8万(年96万)No.1
月9万(年108万)No.1
月10万(年120万)No.1
月15万(年180万)No.1
月20万(年240万)No.1

個人的には、総合的に最もバランスがとれているのは、漢方スタイルクラブカードか、REX CARD(レックスカード)だと思います。

スポンサーリンク

関連記事

    2014.01.25 Sat l クレジットカード l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1227-14f1fa32
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)