TOP > 資産運用の考え方 > ご覧のページ

ゴールドマン・サックス・アセットマネジメントが実施した日本の準富裕層投資家1000人の調査結果が非常に興味深いものでした。運用資産3000万円以上が「準富裕層」と定義されていました。週刊ダイヤモンドで掲載されていました。

スポンサーリンク

富裕層は何を買っているかと言われると気になるものですね。この手の特集は売れ行きがよさそうな感がありますが、実際の所はどうなんでしょうね。

日本の準富裕層1000人が考える「今後1年間で最も成長すると考える国・地域」は恐ろしいデータでした。2012年末のトップスリーは以下の通りでした。

  1. ブラジル
  2. インド
  3. インドネシア

わが国の準富裕層は、新興国が2013年は爆進すると予想したわけです。その結果は惨憺たるものでした。

<ブラジルボベスパ指数>
ブラジル ボベスパ指数のチャート

<BRL-USD>
BRL-USD.png

<インドのS&PムンバイSENSEX指数>
SPムンバイSENSEX指数

<INR-USD>
INR-USD.png

<インドネシアのジャカルタ総合指数>
ジャカルタ総合指数

世界的にこれ程までに株価が上昇した2013年において、まさかの右肩下がり、あるいは横ばいか微増という惨状でした。見事なまでの曲がり屋・逆噴射王子となっています。

準富裕層といえども予想能力はさして高いわけではなく、それまでのパフォーマンスの単純延長や、良いニュースが多い国がよいと単純に考えていることがこの調査からは伺えます。

そんな準富裕層が2013年末に「今後1年間で最も成長すると考える国・地域」は以下の通りです。

  1. 日本
  2. 米国
  3. 中国

う~ん、2013年は日米が絶好調だったことから、日本と米国がツートップとなりました。また、やはり色々問題はあっても龍ということで中国が3位にランクインしました。ちょっと日本株・米国株・中国株が心配になるデータですね。

米国の財務長官から円安をけん制する公式な発言が出ており、米国では過度の円安を警戒する産業界の動きは根強いと報道されています。諸々のことから米国の円安許容度は1年前と比べると格段に低下していると思われます。

リターン・リバーサルの観点、準富裕層の御託宣、米国の円安許容度などを考慮すると、今年は昨年ほどの右肩上がり一直線は難しいかもしれません。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2014.01.21 Tue l 資産運用の考え方 l コメント (11) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1225-239563a0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)