TOP > 投資対象 > 株式 > ご覧のページ

イートアンド (2)

東証一部昇格が決まったイートアンド(2882)から株主優待と第37期中間報告書が届きました。イートアンドは「大阪王将」ブランドを柱に外食チェーンと冷凍食品の製造が主要事業です。

スポンサーリンク

イートアンドの業績

外食事業の中間決算の売上高は微増、営業利益は微減となりました。13店舗を閉店して27店舗を出店したようです。直営店の比率は1割を切っています。

イートアンド (4)

食料品事業においては、中間決算の売上高は微減、営業利益は大幅に減少とイマイチの状況です。生協のPB品の受託を開始とのことで、期待したいところです。

イートアンド (1)

合計で前中間期比では売上高は+2.2%、営業利益-12.4%、経常利益-11.2%、当期利益-9.6%と今一つの状況です。ちなみに過去5年度の業績推移は以下の通りです。成長性・収益性に陰りが見え始めている感があります。

(単位:千円)

決算年月H21年3月H22年3月H23年3月H24年3月H25年3月
売上高10,76314,64516,94618,79019,809
営業CF4791,1691,072651412
当期純利益157202441513431
C/Fマージン4.45%7.98%6.32%3.47%2.08%
純利益率1.46%1.38%2.60%2.73%2.17%


イートアンドの株主優待

イートアンドの株主優待の権利確定日は3月末・9月末です。3月末は冷凍餃子等の自社製品です。100株以上3,000円相当、500株以上9,000円相当、1000株以上18,000円相当です。

9月末は100株以上一律で2,000円相当の餃子無料券です。

イートアンドの株主優待

最初は優待のみの利用は不可、1回1人1枚だけという発表がなされました。猛烈な批判が発生したからか、迅速に撤回してなんと優待のみの利用OK、1回何枚でもOKという超太っ腹に転換しました。

イートアンドの株主優待(餃子券の但書)

個人的には1回2~3枚までくらいの制約をつけてもいいような気がしますが、個人株主の声を重視している姿勢は零細個人としては好感をもってしまいますね。


イートアンドの各種指標

  • PBR:1.76倍
  • 予想PER:11.82倍
  • 自己資本比率:34.3%
  • 予想配当利回り:0.97%(配当性向11.4%)

指標面では割高感はありませんが、成長力に陰りが見え始めている点はマイナスです。2012年度からはかなり積極的に投資し始めているのでそれが実るかどうかがポイントですが、東証一部昇格で当面の材料は出尽くした感があるため、先日一部利益確定しました。

約20万円の利益となり、約11万の100株についてはタダで丸取りできたことになりますので、100株は永年ホールド・ポートフォリオに加えようと思います。年間5,000円の株主優待は魅力的であり、一度味わうとなかなか抜け出せないのです。

私は「一部をクローズして出した利益で残った部分を末永くホールド」というのをよくやります。厳密にはお金に色はないのでこのような考え方は不合理だと思いますが、この方式がお気に入りです。

最低単元の100株は末永くホールドして、冷凍食品と餃子を頂こうと思います。

短期借入金の平均利率は0.66%、1年超の長期借入金(返済期限:平成26年~28年)は0.851%と問題ない水準です。財務状態を見る際は、貸出のプロである銀行等の貸出利率をチェックすることが有意義だと思います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.12.09 Mon l 株式 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1183-3c18f9a6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)