TOP > IPO > ご覧のページ

ネット証券の中で主幹事実績が多い証券会社の一つにエイチ・エス証券があります。今まで31社のIPOの主幹事を務めた実績があります。一獲千金のIPO投資にとって開設しておきたい口座の一つです。東証の「主幹事候補証券会社」に名を連ねているネット証券はSBIとエイチ・エス証券の2社しかありません。私も口座開設済みです。

スポンサーリンク

ネット証券では多めのIPO

ネット証券最大手のSBI証券は口座数もかなり多く、しかもBB数が多ければ多いほど当選確率が上がる仕組みのため、IPO時には富裕層がこぞってSBIに資金移動します。5000万~1億円BBする方はザラにいます。

したがってSBIでの当選は少額の資金だと難しい情勢ですが、エイチ・エス証券の場合は、ネット抽選は1口座1抽選の平等抽選であり、しかも口座数がSBIに比べると少ないため、当選確率は上がります。

2012年は10社、2013年は9社のIPOの取扱いがあります。今年はシステム情報(+372%)、サンワカンパニー(+268%)、M&Aキャピタル(+233%)といった金爆銘柄も取り扱っていました。

アメイズ(+9%)あたりは当選しやすかったと思います。


ネット証券では外債が充実・手数料も安価

IPO以外ではネット証券の中では外債が充実しているのが特徴です。ブラジル・ドイツ・カナダ・イギリスなどメジャーな国債のみならず、ロシア、アイルランド、フィンランドといった渋い国債も取り扱っています。現在は対象商品10万円購入につき1000円プレゼントのキャンペーンも行っています。

エイチ・エス証券のキャンペーン

株式の売買手数料も現物147円~信用100円~と安価です。


最大57,000円のキャンペーン

現在は口座開設と取引で最大57,000円のキャンペーンを行っています。

エイチ・エス証券のキャンペーン

この中で容易に達成できるのは、国内株式売買3回以上と信用取引の口座開設です。三菱東京UFJのような流動性が高い100株銘柄を、10~11時や13時30~14時半のような落ち着いた時間帯に買ってすぐに売れば、損失は100円で済みます。5,000円は手堅くゲットできますね。

まだ口座をお持ちでない方は5,000円をゲットしつつ来年のIPOに備えるという観点から、エイチ・エス証券に口座を開設してみてはいかがでしょうか。私も口座開設済みです。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.12.07 Sat l IPO l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1181-10eed0e2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)