TOP > IPO > ご覧のページ

シグマクシス

シグマクシス(6088・東証マザーズ)のIPO・上場が決定しています。ブック・ビルディング期間は12月3日(火)~12月9日(月)です。想定価格は2,830円、仮条件は2,830円~3,010円(1単元28.3万~30.1万円)と上振れています。初値予想はプラス・リターンです。

スポンサーリンク

シグマクシスの事業は企業向けビジネス・コンサルティングです。事業戦略の立案・策定、ビジネスモデルの設計、事業運営基板の設計・構築・導入まで一気通貫で実行する「エンド・トゥ・エンド」が特徴となっています。

事業戦略立案・策定、M&Aによる事業価値の創造、新規事業開発・運営体制構築支援、組織変革力強化支援、ビジネスマネジメント、人材マネジメント、CRM、SCM、基幹システム構築、金融ネット犯罪対策、システム設計・開発・プロジェクトマネジメントなどを行っています。

ちなみに従業員数は363人、平均年齢35.7歳、平均勤続年数2.9年、平均給与約1055.2万円となっています。

業績面では売上高は右肩上がりです。利益面では平成22年3月期をボトムとして右肩上がりです。前期ベースで自己資本比率52.1%、自己資本利益率74.3%です。営業キャッシュフローは6.17億円であり、C/Fマージンは約6%です。

シグマクシスの業績推移

IPOの規模は最大で約55億円と東証マザーズとしては大型です。三菱商事(株)、(株)インターネットイニシアティブ、(株)インテック、経営陣、(株)ワコムなど(合計約82%)に原則として90日間のロックアップがかっています。

公開比率は約35.3%と大き目です。

絶好調の市況、IPOバブルの状況、文句のない成長性と華やかなイメージはプラス材料です。しかし、大き目の規模・公開比率は大きなマイナスです。以上を総合考慮して、初値予想はプラス・リターンです。

主幹事はSMBC日興であり、その他は、みずほ、SBI証券マネックス証券、いちよし、岡三証券、エース証券、三木証券で申し込めます。

<投資スタンス>
やや強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

※過去1年間の初値予想履歴
IPOの初値予想履歴2013年12月2日

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.12.02 Mon l IPO l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1178-38aa15ab
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)