TOP > 投資対象 > 為替・外債・FX > ご覧のページ

ユーロ円の夜明け

ユーロ圏の10月のインフレ率は、予想を遥かに超える大幅な低下となり、総合CPIでは歴史的な日欧インフレ率逆転となりました。ユーロ圏0.7%、日本(9月)は1.1%です。これは日本の消費税引き上げ時を除くと、1991年1月以来となります。ユーロ圏のインフレ率が低下していることも背景に、ECBはサプライズの利下げに踏み切りました。

スポンサーリンク

これまでユーロ円の購買力平価は、ユーロ圏が相対的高インフレ・日本が相対的低インフレだったことから、恒常的に円高方向に推移してきました。以下のチャートはクリックで拡大します。

ユーロ円購買力平価の推移
(※出典:公益財団法人国際通貨研究所)

中期的にユーロ円が円安方向に振れても、長期的には円高に戻ることが予想できました。したがって、外貨投資は短中期的な為替相場の推移の予想が重要となっていました。

しかし、ここに来てユーロ円の購買力平価が底打ちしつつあるような形状になってきました。

ユーロ円購買力平価が底打ち

為替市場は市場参加者の思惑・期待で大きく動き、円安→日本のインフレ率上昇の相乗効果が発揮されてきました。インフレ率格差の縮小を先取って既に大きく円安にふれています。

実質実効為替レートも過去30年で最大級の円安水準に位置しており、ユーロ圏のインフレ率低下に伴って金利も低下しており、ここからユーロ円をロングするのは気が進みません。リスク調整後の期待リターンという点では外債は芳しくないのが基本であり、外貨・外債をロングするのは円安になるという強い相場観がある時のみとしています。

基調的な購買力平価が円安・円高のどちらに向かうのか引き続きウォッチします。購買力平価が基調的に円安に行く局面で、円高が進んだらユーロ円ロングの好機となります。20年に渡る恒常的購買力平価の円高局面が終焉し、もしかすると今後そういう局面に突入する可能性もあるかもしれません。

「円高が基本」だったこの30年間から、「円安が基本」への大転換が起こるかどうか。そうなった時で、依然として日本より海外の方が金利が高かったら、外貨・外債ロングの好機です。

足元の日本のインフレ率上昇は、円高時の企業の為替ヘッジが概ね切れてきて、円安の影響が出始めていることにも影響しています。このまま来年も+30%の円安となるのは難しいと考えられ、円安がストップした時に日本のインフレ率がどう動くかに注目ですね。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.11.17 Sun l 為替・外債・FX l コメント (13) トラックバック (1) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1161-906df339
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    「1ドル=100円」などの「為替レート」は、多くの要因によって形成され、変動しています。 その要因はあまりにも多く、そして複雑に絡み合っているため、そのすべてを論理的に説明するのは困難を極めます。 ましてや、為替の先行きの正確な予測なんかは不可能であり、経済評論家の山崎元氏も「為替予測はエコノミストの墓場」だと言っています。 ただ、短期的な為替変動ではなく、数十年以上の長期的な為替...