TOP > ブログ > ご覧のページ

Koizumi manju

小泉純一郎元首相が精力的に記者会見・公演・テレビ出演等をこなしており、脱原発(原発ゼロ)・再生可能エネルギーの必要性について活動を活発化していることが話題になっています。このニュースには、原発の是非という壮大な問題とは別に、違った角度から注目しました。

スポンサーリンク

2016年、衆参ダブル選挙の争点

次の参議院選挙は2016年7月に行われます。前回の衆院選は2012年12月でしたので、2016年7月は約3年7ヶ月後であり、4年の任期まで近いです。自民党、とりわけ安倍首相の政治的悲願は憲法改正です。そして、現時点では安倍内閣と自民党に対する支持率は高い状況です。

以上の情勢に鑑みると、2016年7月は衆議院を解散させて、憲法改正を争点に衆参ダブル選挙がある可能性があると思います。

憲法改正は世論も割れる問題であり、自民党の大勝は難しく、日本維新の会が大失速した今では、維新の会と合わせて3分の2を占めるのは難しいかもしれません。過去2回の選挙での自民党の大勝は、デフレ脱却・経済再生を前面に出したのが奏功したと思われます。日本では「デフレ」は「不景気」という意味で使われていますね。

前回の参院選でも、一時は安倍首相は維新の会と組んで2/3を目指す方向も検討したと言われていますが、維新の会の大失速で現実路線にシフトしたと言われていますね。

憲法改正だけでは2/3は厳しいかもしれませんが、自民党が脱原発を掲げると大きなインパクトがあり、情勢は揺れ動くと思います。

原発の是非は遠大な問題ですが、メディアで報道されている世論を見ると、脱原発に対する支持は根強いです。また、自民党や安倍首相を支持しないと、脱原発を支持する傾向にあります。

「憲法改正」では、2016年のダブル選挙で自民党が衆参両院で2/3を確保するのは難しいかもしれませんが、「憲法改正&脱原発」を掲げた場合、中道色が出て非自民支持層を取り込むことが一定程度期待でき、もしかすると・・・。

小泉元首相はそこまで考えてはいないと思いますが、彼の世論受けの力には神通力を感じました。既存の原発は活用・新設はストップして2050年に脱原発といった穏健路線であれば支持が広がる可能性はあります。

wall_夕日


食品偽装がこのタイミングで全国に広がった背景

食品偽装は、日本全国のホテル・百貨店・レストラン・食料品店に広がっています。こうなると、個人的には何故このタイミングで噴出したのかなという妄想が働きます。

2008年、2010年、2013年前半にも結構な有名企業で食品偽装問題がありました。しかし、その時はいずれも単発に終わり、ここまで全国規模で拡大することはありませんでした。なぜ今回は大炎上になったのかという疑問が浮かばざるを得ません。

本当に妄想レベルの陰謀論ネタではありますが、TPPの食品との絡みがあるのかなという妄想がよぎりました。2013年末~2014年前半にTPPが合意する方向になっています。そのタイミングでの食品偽装祭りです。

「TPPによる食品規制の変更」については大きな反対論もありました。しかし、日本全国で偽装が吹き荒れた今では、「TPPと食品」に関して、以前ほどには反対論が出ずに沈静化するような気もします。


77%割引偽装

楽天の日本一セールにおいて、存在しない価格から77%offにするのを通り越して、元の価格を大幅に上げて77%offにしていたという事件がありました。シュークリーム12,000円やiPhone4S 43万円という伝説的な価格も登場していました。

楽天にかぎらず、激安クーポンサイト等でも、非常に定価が怪しい商品が多数あります。私はいつも定価が不透明な食品類は常に検索して、本当にその定価が存在するのか、その価格で売れた実績があるのかをググっています。

検索すると、定価が出てこない商品や、2000円50%割引で1000円と謳っておきながら、自社サイトでは1200円で売ってたりする例があります。

ネットショッピングは商品の内容・他店での価格がわかっている商品は安全で便利だと考えており、お水・お茶・野菜ジュース・お酒などをよく買います。モノの内容と価格のバランスを正確に認識できる家電類もネットに親和的ですね。有名ではない食品等の価格が不透明な商品は検索して比較することが重要だと思います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.11.13 Wed l ブログ l コメント (1) トラックバック (0) l top
    コメント
    原発即ゼロ
    2016年なんて先の話過ぎて、原発即ゼロを言う小泉元総理の話とは噛み合わないですね。

    小泉元総理は再稼働なしの原発ゼロを求めているわけで、
    この話の山場は来年に安倍総理が再稼働するか否かの話。

    そこで再稼働に走れば、その後は安倍総理がいくら脱原発なんか掲げても、
    原発反対派はそんなもの信用しませんよ。

    そもそも今も原発稼働ゼロで電力は足りているし、
    燃料費の高騰の主因はアベノミクスの円安誘導。

    安倍総理に理はありません。
    2013.11.18 Mon l あ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1155-c8818158
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)