TOP > IPO > ご覧のページ

the twitter 4th anniversary gather, erm i'm a month early

M&Aキャピタルパートナーズ(6080・東証マザーズ)のIPO・上場が決定しています。ブック・ビルディング期間は11月1日(金)~11月8日(金)です。想定価格は2,480円(1単元24万8千円)です。

スポンサーリンク

M&Aキャピタルパートナーズの事業内容は、M&Aの仲介事業です。売り手と買い手の間に立ち、アドバイザリー業務を提供しています。事業の引き継ぎに悩みを抱えたり、精算を検討してるオーナーに対して、M&Aによる問題解決を提案して、実現までサポートすることを主たるサービスとしています。

団塊の世代を中心とした経営層も65歳前後に差し掛かっており、事業承継問題に関するM&A事業は、今後数年にわたってピークを迎えると同社は見ています。

ちなみに従業員数は21人、平均年齢30.1歳、平均勤続年数2.93年、平均給与約1023万円となっています。

業績面では売上・利益ともに成長しています。前期ベースで自己資本比率58.0%、自己資本利益率50.0%です。利益率の高さは驚異的であり、M&Aアドバイザリーという業態のなせる技ですね。

M&Aキャピタルパートナーズの業績推移
M&Aキャピタルパートナーズの利益推移

市況面では、東証マザーズ指数はここ2ヶ月堅調であり、ここ最近は日経平均が大きく下落する日も堅調な推移となっています。

IPOの規模は約4.3億円と小型であり、売出なしの点は大きなプラス材料です。経営陣(合計約69%)に原則として90日間のロックアップがかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。上位株主にはVC3つ(合計約17%)がおり、ロックアップがかかっていない点は気がかりです。

超小型で売り出しのない点、IPOの活況、高い成長性から、初値予想は大きなプラス・リターンです。

主幹事は野村證券であり、その他は岡三、SBI証券、エイチ・エス証券、東海東京、SMBCフレンド、いちよし、丸三証券、みずほ、水戸で申し込めます。

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

※過去1年間の初値予想履歴
IPO20131023.png

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.10.25 Fri l IPO l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1132-5b4a6e5b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)