TOP > IPO > ご覧のページ

ANAP.png

ANAP(3189・JASDAQスタンダード)のIPO・新規上場が決定しています。ブック・ビルディング期間は10月31日(木)~11月7日(木)です。想定価格は960円(1単元9万6千円)です。

スポンサーリンク

ANAPの事業内容はアパレルです。リーズナブルにオシャレを楽しみたい女性のカジュアル・ファッションブランドとして、メインブランドのANAPを中心にコンセプトの異なる数多くの独自ブランドを展開しています。子供関連にも注力しており、アクセサリー・バック・小物にもウイングを広げています。

ANAPのショッピングサイトは、自社開発のシステムで構築されており、重要な販売チャネルとして力を入れています。現在はスマホ経由の受注が60%を超えています。今時の企業ですね。前期業績ではネット販売が店舗販売の約40%まで拡大しています。

ちなみに従業員数は269人、平均年齢29.8歳、平均勤続年数5.2年、平均給与約377.9万円となっています。

業績面では売上はここ数年伸び悩んでいましたが、今期は大幅な増収予想です。他方、利益は平成22年8月期をボトムとして右肩上がりでしたが、今期は減益の予想となっています。前期ベースで自己資本比率44.3%、自己資本利益率12.6%です。

ANAP売上・経常利益
ANAP純利益の推移

市況面では、5月15日をピークとして日経ジャスダック平均は軟調な推移でしたが、6月をボトムとして回復してきました。また、IPOはバブル的な活況となっています。

日経ジャスダック平均チャート

IPOの規模は約5.2億円と小型です。経営陣、(株)りそな銀行、(株)小出ニットなど(合計約92%)に原則として90日間のロックアップがかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。ロックアップがかかっていないVCとしては、みずほキャピタル1.44%、ジャフコ1.44%が上位に顔を出しています。

小型の規模、IPOの活況、ネット関連事業も展開していること、減収予想ですが予想PER面では割安であることから、初値予想は大きなプラス・リターンです。

主幹事は大和証券であり、その他はMUFJモルスタ、カブドットコム証券、SMBCフレンド証券、みずほ、SBI証券、むさし、エースで申し込めます。

<投資スタンス>
強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

※過去1年間の初値予想履歴
IPO20131023.png

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.10.24 Thu l IPO l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1130-a1ff5f05
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)