TOP > 投資対象 > 投信・ETF > ご覧のページ

ネット上で評判が良く、口コミで広がっている投信の一つが、ひふみ投信です。吊られた男の投資ブログさんの「ひふみ投信を日経平均(ニッセイ日経225インデックスファンド)と比較した考察」で、ひふみ投信は日経平均を上回っている時期が多いですが、運用開始後1か月の運用成績は異常値だったこと、最近はパフォーマンスが悪化していることが述べられています。これは何が要因でしょうか。

スポンサーリンク

それはひふみ投信スタートの最初の1ヶ月は、金融市場が異常な状況だったことによる影響が大きい気がします。日経平均の9月30日の高値から10月の安値までは、なんと-39.5%でした。2008年10月は、40%近い「暴落中の暴落」が発生した月でした。奈落の底まで落ちるような凶悪な垂直落下でした。

日経平均20080930-20081231

ではこの2008年10月、ひふみ投信のポートフォリオがどうだったかというと、ゴールドクレスト、日本電産、サイゼリヤ、アスクル、DCM、ニトリ、エイチ・エスなど内需銘柄が組み入れ比率上位でした。組入銘柄の35%が小売、16%がサービスでした。

このディフェンシブ・ポートフォリオがプラスに働き、2008年10月はTOPIXや日経平均を大きくアウトパフォームすることになりました。

最新の組み入れ比率上位銘柄は、GMOペイメントゲートウェイ、電源開発、日本農薬、ダイフク、コシダカホールディングス、クボタ、新日本無線です。この大胆な銘柄入れ替えが、ひふみ投信の特徴ですね。

ひふみ投信の運用は、「株式の上昇が予測される局面では株式の組入比率を高め、一方で下落が予想される局面では株式を売却、組入比率を低めることにより、資産を守りながらふやす運用を行ないます」との方針のようです。

私も同じようにしているので、ひふみ投信のこの方針には共感します。「そういう資産配分の機動的な変更は上手くいかない」という意見も多いですが、私は9年間上手く行っているので、引き続きこのスタンスで市場に参加しようと思います。

ただし、自信過剰になるのは厳に慎み、レバレッジはかけないようにしています。また、ポジションのリスク量は把握して、最大損失を許容出来る範囲にポジをとどめています。

実は私もひふみ投信には口座を開いています。積立はしてなく、一度ほんの少し買って後は放置しています。買いタイミングがよかったので、+20%近いリターンとなっています。運用が面白いので、銘柄選定やウエイトを参考にしています。

口座を開設したら、一般には公開されていない「組入比率の高い上位40銘柄」をレポートで見れるので、口座開設して1万円だけ買って、レポートを銘柄選びの参考にするという使い方もいいかもしれませんね。

全体的には、高PBR・高ROEで成長期待が大きい銘柄の組入が多い印象です。今後も好パフォーマンスを維持できるのか、引き続きひふみ投信には注目しています。

ひふみ投信

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.08.22 Thu l 投信・ETF l コメント (5) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1061-125998cf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)