TOP > 経済・社会・金融動向 > ご覧のページ

ブラック勤務

労働時間の規制を適用しない「ホワイトカラー・エグゼンプション」の実験的導入が検討されているようです。「ホワイトカラー・エグゼンプション」という名前は過労死促進のイメージが蔓延したため、今回は「プロフェッショナル労働制」が仮称として浮上しています。

私は以前にホワイトエグゼについて、「選挙対策で参院選前は出ないでしょうけれども、参院選後はしばらく選挙がありませんので、導入される可能性があります」と述べていました。その通りの展開です。

ホワイトカラー・エグゼンプション&解雇自由化で日本総ブラック化

スポンサーリンク

ホワイトカラー・エグゼンプション(プロフェッショナル労働制)で長時間勤務が加速

1日8時間・週40時間が上限の労働時間の規定が当てはまらなくなり、残業代・休日や深夜勤務での割り増しがなくなります。

これによって、勤務時間は長期間化する可能性は非常に高いでしょう。解雇自由化とセットでないのでまだマシですが、ホワエグ対象者にできる限り多くの仕事・成果を課して、低いコストで高い収益を上げようとするのは確実です。

「働く側は繁忙期に休日返上で働き、閑散期にはまとめて休むといった働き方を選べるようになる」「在宅勤務も広がる」「自分の判断で働き方を柔軟に調整できる」といった大本営発表が、マスメディアで垂れ流しになっています。

しかし、多くの日本企業の風土からは、"砂漠の蜃気楼"、"儚い夢物語"だと個人的には思います。「繁忙期に休日返上で働き、閑散期も何かしらの仕事をしている」、あるいは「365日繁忙期であり、休日返上で働く毎日」となる企業が多いと思います。

米国のように役割・責任が明確化されており、自分の仕事をこなして成果を出していれば評価されるという評価基準は、多くの日本企業にはありません。次から次に仕事をこなして夜遅くまで働く人が評価される傾向にある企業が多いですが、それが加速するでしょう。


正社員は「365日24時間死ぬまで働け」の方向か

最初は大企業の年収800万円以上に限定されるという話が出ています。しかし、こういう反対が強い問題は、最初は限定的に導入して、その後なし崩し的に対象を広げていくというのが常套手段です。

時間の経過とともに対象者は拡大していく可能性が高いと思います。

今後は、「365日24時間死ぬまで働け」の正社員と、不安定で低収入の非正社員という構図になっていくと思います。「日本のワタミ化」が進みそうです。黒いカリスマ・ミキシィはもう与党議員なんですね。


私たちは「日本のワタミ化」にどう備えるべきか

当たり前ですが、長時間勤務をものともしない体力が重要ですね。夜遅くまで働き、睡眠時間が短くても大丈夫なのが望ましいです。

また、仕事にやりがいがあったり、会社に愛着や帰属心が強いという状態が望ましいでしょう。私自身は夜遅くまで仕事をするのはOKです。

配偶者や子供と過ごす時間は格段に減少するので、それを我慢することも必要か。帰ってきたら、子供はもう寝ているという日々になるでしょう。

理想的には、起業やトレーディングでの成功や、早期リタイアできる資産を構築して、自分が望むライフスタイルを送れるようにするのがベストですね。

人は差別したり優劣や等級をつけたがる哀れな生物ですが、そういう感情から自由になり、過労死などからは逃れましょう。ミキシィは「365日24時間死ぬまで働け」と仰りますが、そういう企業で働いて命を削るくらいなら、低収入でも非正社員で1日8時間以外は自由な生活を送る方がいいと思います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.08.15 Thu l 経済・社会・金融動向 l コメント (2) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1049-79cfe7e3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)