TOP > 資産運用の考え方 > ご覧のページ

wall_5円

一般的には、若い人は大きなリスクを取れると言われています。それは若い方が金融資産が少なくて今後稼ぐ金額が多い傾向にあるので、人的資本(今後稼ぐお金の割引現在価値のようなもの)に比べて、金融資産が少ないからです。視点を変えると、資産と年齢が増えるほど大きなリスクを取れるとも言えます。

スポンサーリンク

65歳・一般人のバランスシート

例えば、65歳でリタイアして今後の収入は年金以外ない人のバランスシートを可視化してみます。まずは一般人として、65歳時点で金融資産3000万円、今後の年金は月10万円、支出は月15万円の人です。

家計の赤字は月5万円・年60万円なので、95歳までの30年間の生活費は、1800万円です。これに対しては、個人向け国債・IPO・PO等の安全運用で賄うとします。すると残りは1200万円であり、これはリスクを取った運用が可能と言えます。

インフレによる生活費の上昇や期待運用利回りを考慮する必要もありますが、単純化のためにここでは省略します。

最大で資産の40%までリスクテイクが可能です。あくまで可能というだけであり、もちろんリスクを取る必要はありません。医療・介護費用のバッファーを確実に確保するため、100%安全運用も勿論OKでしょう。不動産を除いて単純化した、大雑把なバランスシートのイメージは以下の通りです。

60歳一般人のBS


65歳・お金持ちのバランスシート

次は65歳・お金持ちのバランスシートです。65歳時点で金融資産3億円、今後の年金は月10万円、支出は月35万円の人です。

家計の赤字は月25万円・年300万円なので、95歳までの30年間の生活費は、9000万円です。これに対しては、個人向け国債等の安全運用で賄うとします。すると残りは2億1千万円であり、これはリスクを取った運用が可能です。

最大で資産の70%までリスクテイクが可能です。あくまで可能というだけであり、もちろんリスクを取る必要はありません。

60歳お金持ちのBS


資産が大きいほど、リスクを取れる

もちろん、月々の年金額・生活費によって人生のバランスシートは変わってきますが、一般論としては、資産が増えれば増えるほどに許容リスクが大きくなり、大きな金額のリスクをとることが可能になります。

資産全体に占めるリスク資産の割合も、富裕層になればなるほど高くできます。わかりやすくバランスシートの大きさを揃えると、お金持ちの方が純資産の割合が増えます。

一般人とお金持ちのBS比較


今後の収入・資産が同一なら、年齢が大きいほどリスクを取れる

若い程リスクを取れるというのは、今後の収入が大きいからです。今後の収入・資産が同一と仮定すると、年を取れば取るほどに、必要な生涯の生活費が下がるため、負債が下がって純資産が増えます。取れるリスクが大きくなります。

例えば、年金10万円・生活費15万円の一般人の場合、95歳までの必要資金は、65歳時点では1800万円ですが、75歳時点では1200万円です。今後の収入・資産が同一だと、年齢が大きい方が負債は減って純資産が増えてリスク許容度は高まります。

65歳と75歳のBS比較


まとめ

当たり前の話ではありますが、取れるリスク量は、資産額・今後の収入・今後の支出に左右されます。

理想的には、リタイアまでに、「資産運用で稼げるインカムゲイン>生活費」となるように、運用スキルを磨きつつ資産を築くのが望ましいと思います。それができる状況になった時が、早期リタイア可能な時でしょう。

リタイア後の資産運用法

解雇自由化やホワイトカラーエグゼンプションのような話も出ていますし、変化が激しい時代で収入を維持できなくなってしまう可能性もゼロとは言えません。

できるだけ早く、早期リタイア可能な状態にしておくのが無難なのは事実です。ただし、無理に生活費を圧縮するのは人生の楽しみを毀損するので、無理のない範囲で資産を築いて行きたいですね。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.08.11 Sun l 資産運用の考え方 l コメント (6) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1045-d6ff8e82
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)