TOP > 投資対象 > 不動産・REIT > ご覧のページ

東京ミッドタウン by 三井不動産

(株)東京カンテイが、2013年版の「マンションPBR」を発表しました。マンションPBRとは、マンション価格÷新築分譲価格であり、マンションの資産価値が新築分譲時の何倍になっているかです。株式のPBRは低いほど割安ですが、「マンションPBR」は高いほど良い指標です。

スポンサーリンク

首都圏のトップ10は以下の通りでした。

1.表参道
2.みなとみらい
3.品川
4.田町
5.東神奈川
6.白金高輪
7.赤羽橋
8.虎ノ門
9.秋葉原
10.西新宿五丁目

やはり都心部が中心となっています。沿線でいうと、JR山手線3駅、東京メトロ銀座線2駅、都営大江戸線2駅、みなとみらい線・京浜東北・三田線が1駅ずつでした。

もちろん不動産には使用価値があり、売らなかったら含み損は顕在化しませんので、単純な資産価値のみではない要素があります。しかしながら、できる限り資産価値が落ちないエリアが望ましいのは確かです。

マンションの中身・構造も重要ですが、やはり立地は重要ですね。幸いにも住み替えする必要なく永住できるケース以外は、物件選択が極めて重要になります。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.08.10 Sat l 不動産・REIT l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1036-0461f69c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)