TOP > 保険 > ご覧のページ

aflac 002

ビックリのニュースが出ました。日本郵政傘下のかんぽ生命が、米国の保険会社・アメリカンファミリー生命保険(アフラック)と代理店契約を結び、アフラックのがん保険を販売するようです。

スポンサーリンク

がん保険参入をストップされていたかんぽ生命がアフラックの代理店に

かんぽ生命は、がん保険や新しい医療保険の参入を求めていましたが、日本政府から拒否されていました。

確かにかんぽ生命は民間企業ではあるものの国有企業であり、適正な競争関係との関係から、国が株式を手放すまでは、がん保険や新医療保険への参入にストップをかけるということはわかります。

しかし、アフラックの代理店となることから、「適正な競争関係」は建前であり、実際は米国への配慮だった色彩が濃くなってきました。日本のがん保険市場で高いシェアを持つ米国の保険会社の意向を受けた米国政府が、かんぽ生命の業容拡大には猛烈に反対していました。


美味しいところはアフラックがパックンチョ

かんぽ生命はアフラックの代理店となり、アフラックのがん保険を郵便局で販売することになります。これによるかんぽ生命の実入りは、販売ごとの手数料にすぎません。

医療保険・がん保険の分野は、予定危険率に対して実際の給付発生が少なく、保険会社にとっては美味しいドル箱の分野です。いわゆる危険差益が大きく、儲かりやすい保険です。

この舌なめずりしてしまう絶大なる危険差益はアフラックが総舐めします。美味しいところはアフラックが持っていくことになります。


米国保険会社への凄まじい配慮

このニュースで思い出したのは、1990年代の医療保険などの第三分野保険の自由化問題です。長年にわたって、米国への配慮から第三分野保険は外資の保険会社に独占させ、第三分野の保険を日本の生損保が取り扱う事は、規制によって禁止されていました。

1996年には諸々の規制緩和がされた新保険業法が施行され、生保と損保の相互参入が可能となりました。同法は日本の保険会社による第三分野保険への参入も可能とするはずでした。

しかし、外資系保険会社の既得権益の保護に血眼になっていた米国との協議の結果、第三分野における外資の独占は、2001年まで延長されてしまいました。2001年には、外資独占撤廃の期限を迎えたにもかかわらず、米国の要求によって大手損保の市場参入については更に半年遅れとなりました。


現実問題としては止むを得ない

保険分野における米国保険会社への日本政府の配慮は、異様なまでの水準に達していると思います。ただし、現実問題としては、日本の国力からは止むを得ないのでしょう。日本が米国の意向に反する行動をとるのは難しいのが現実です。

特に今はシェールガス輸入などで借りが出てくる状況でもありますし、中国との問題やTPP交渉もありますね。こういう局面で重要なのは、余計な所で米国を刺激して貸しを作ってしまうことを避ける事でしょう。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.07.25 Thu l 保険 l コメント (14) トラックバック (0) l top
    コメント
    資本主義と健康
    投資とは全く関係ないですが、資本主義と健康について思うところを。

     実は、私は、通常の医師等より、健康のための食生活等に詳しいです。

    ※医師ではありませんが、薬・サプリに頼らず、運動もそれほどせずに、
     食生活を変えて、9ヶ月で12キロ程落とした実績があります(筋肉量は変わらず、脂肪のみ減)。
     健康診断の数値も、全般的に、複数の数値で要精密検査・病気レベルから、
     すべての数値が正常化しました。

     基本、サプリ等用いません。自炊も、ほとんどしません。
     しかし、健康と食事に関する理論的背景を調べ、間違っている多くの俗説を排除し、
     試行錯誤して実践し、結果を出しました。

     そんな私が見る所、

    食品・外食業界 ⇒ 不健康になる食事・中毒性の高い食事を提供

    保険業界 ⇒ 食習慣で発生する慢性病・生活習慣病で稼ぐ

    製薬業界 ⇒ 食習慣で発生する慢性病・生活習慣病で稼ぐ

    医師・薬剤師等 ⇒ 製薬業界等の洗脳を受けている方々

     がん・糖尿病・血管疾患(脳血管・心臓血管)・高血圧・脂質異常症(中性脂肪・コレステロール)等、
     生きる屍のようになっていっても、
     病気持ちで、体調が悪く長生きしてもらう事は、
     『より多く儲ける』という観点で、
     家畜の様な存在として必要なのでしょう。

     外食等で、何も知らずに不健康食を頬張っている方々をみると、
     何も知らなかった以前の自分を見ているようで、
     可哀想だと思うと共に、おぞましく感じます。

     まつのすけさんには、いつもお世話になっておりますので、
     体調が悪い、少し太ってきた、等ありましたら、
     ご相談下さいね。少しは返せると思います。

     食欲旺盛なのは中毒症状、肥満は病気です。

     『株主優待ライフ』もたまに拝見しておりまして、
     実は、前から、食生活を危惧しております。
     (ただ、余計なお世話と思われると、それ以上何もできませんが、
      何の因果か、健康と食事に圧倒的に詳しい人間が、
      たまたま近くにいる、ということです。)
    2013.07.26 Fri l 星野リゾート. URL l 編集
    Re: 資本主義と健康
    お詳しそうですね!気になるところが出てきたら、教えてください!ちなみにどういう食事中心なのですか?野菜中心ですか?

    ブログの食事だけだとヤバイ食生活ですね。ああいうのは週1~2回程度であり、それ以外は野菜・魚・豆腐・大豆などもしっかりと摂取しています。風邪はほとんどひかず、健康診断もオールAです。

    ファミレス・ファーストフードでは一切食べない方がいいのでしょうが、優待消化程度ならいいやと割り切っています。。ただ、色んな話を聞くと怖くなります。直近では某ハンバーガーチェーンの鶏肉が話題になりましたね。
    2013.07.26 Fri l まつのすけ. URL l 編集
    何か、具体的に改善したいものはありますでしょうか?
    >風邪はほとんどひかず、健康診断もオールAです。

     現状健康との事。それは何よりです。

     体重等は増加してきていませんか?
     年齢と共に、基礎代謝が落ちるので、
     同じ食事量でも、徐々に太ってしまいます。

     体を悪くしてから、色々勉強して、ようやく納得できる
     理論に巡り合えました。

     現状、私は、10代後半の、
     大学生の時の体重より、ちょっと軽い位まで
     落とす事ができました。

    >お詳しそうですね!気になるところが出てきたら、教えてください!ちなみにどういう食事中心なのですか?野菜中心ですか
    >それ以外は野菜・魚・豆腐・大豆などもしっかりと摂取しています。

    個別に論じていると、分量が多すぎ、
    延々終わらないのですが、
    ざっくりと申し上げると、
    野菜・果物・魚・肉が中心です。

    ただ、個別の食品についても色々あり、
    例えば、大豆製品関係では、
    豆腐・大豆(枝豆)・豆乳は△、
    納豆(タレ・からしは捨てる)は◎、という感じです。

    原料に関しては、遺伝子組換えの問題があり、
    できれば、国産の大豆の方がよいです。

    ベジタリアンでも、玄米菜食(マクロビオティック)でも、
    南雲式健康法?でも、ありません。


    ちなみに、スティーブジョブズさんは、
    食事法の誤りから、寿命を縮めることになりました。

    あれだけの天才で、情報を操るプロでも、
    間違った情報に騙されてしまうという事です。
    非常に残念です。
    いくらお金があっても、あの世には持っていけません。
    ※彼は、ベジタリアンの一種。「フルータリアン(フルーツばかり食べる人)」でした。

    http://www.elle.co.jp/culture/celebgossip/Steve-Jobs-Fruitarian-Diet-Lands-Ashton-Kutcher-in-the-Hospital-13_0131

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%9C%E5%AE%9F%E9%A3%9F%E4%B8%BB%E7%BE%A9


     いつも質問・聞いてばかりですので、
     健康診断の数値が特に問題なければ、

     ちょっと痩せたい、花粉症を治したい、
      便通を良くしたい、軟便を解消したい、
       不眠を改善したい、血圧を下げたい、
        肩こりを改善したい、
      等の、ある程度の対策も知っていたりしますので、

     具体的に何か改善したいものがありましたら、ご相談下さい。
     ご家族の方や近親の方の問題でももちろんOKです。

     全ての疾病について知っているわけではありませんが、
     メジャー?な病気は、大体の原理を知っており、
     よっぽど難しい内容で、私では難しそうでしたら、
     優秀な医師の知り合いが数名おりますので、
     問い合わせてみることもできます。

     ※すぐでなくても、いいですよ。
    2013.07.27 Sat l 星野リゾート. URL l 編集
    一つ忘れていました。
    「虫歯予防」なんかも守備範囲です。

    ここ10年ほど、虫歯知らずです。

    といっても、10年ほど前は、虫歯に悩んで
    いましたので、もともと歯が強い訳でもありません。
    2013.07.27 Sat l 星野リゾート. URL l 編集
    Re: 何か、具体的に改善したいものはありますでしょうか?
    体重は20歳前後からあまり変化がありません。ただ、食べる量(特に炭水化物)は順調に減って来ました。多分、10代の頃と同じくらい食べてたら、かなり太っていたと思います。

    歯は数年に1回程度歯医者に行っています。歯についてお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。

    歯の健康を維持する上では、以下の様なことが必要だという認識です。

    ・食後30分経過した頃くらいに歯磨きする。
    ・強く葉を磨きすぎない。電動歯ブラシだと当てすぎない。
    ・歯間ブラシないしフロスを定期的にした方がいい

    これはあってますか?これ以外にやった方がいいことはありますか?

    あと、親が花粉症で苦しんでいるみたいです。花粉症は食生活や習慣などで症状を緩和できるものなんでしょうか?
    2013.07.28 Sun l まつのすけ. URL l 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013.07.28 Sun l . URL l 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013.07.28 Sun l . URL l 編集
    Re:
    ありがとうございます!

    まずは原因や原理を知るのが大事ですね。それらの原因がある時は早めに対処することが大事かなと思いました。
    2013.07.28 Sun l まつのすけ. URL l 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013.07.29 Mon l . URL l 編集
    Re: No title
    この形式だと記憶に定着しますね。炭水化物ですね。どんな食べ物にも糖質はあるとなると・・・。
    2013.07.30 Tue l まつのすけ. URL l 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013.08.02 Fri l . URL l 編集
    Re: 時間がある時に進めて頂ければ幸いです。
    せんべいですか!

    ついついおやつとして食べますが、実は危険なんですね。甘くないから歯に悪くないわけではないとは意外でした。勉強になります。ありがとうございます。
    2013.08.03 Sat l まつのすけ. URL l 編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013.08.04 Sun l . URL l 編集
    Re: No title
    炭水化物・糖質摂取量が少なかったからですか!?

    ご飯大盛りやお菓子は危険ですね。ほどほどにします。糖質制限ダイエットがブームですが、歯にもよさそうですね。
    2013.08.05 Mon l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1026-b0024ed5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)