TOP > ブログ > ご覧のページ

Election reaction

参議院選挙が終わりました。一部を除き概ね順当な結果となりました。改めて感じたことは、選挙制度は人の運命を、ないしは国の運命も左右するということです。

スポンサーリンク

注目の選挙区の一つが、東京都でした。東京は中選挙区であり当選枠は5名でした。自民党2名・公明党1名・共産党1名の当選が堅いと見込まれており、最後の一人は誰になるかに注目が集まりました。

民主党の鈴木寛氏か山本太郎氏かの争いと見込まれていましたが、意外にも山本太郎氏は4位でフィニッシュして、自民党の武見敬三氏が5位で当選、鈴木寛氏は6万票差で敗れました。

票数は武見敬三氏が約61万、鈴木寛氏が55万、民主から公認をもらえずに無所属で出馬した大河原雅子氏が23万でした。菅直人氏が党に反して大河原雅子氏を支援したことが、民主党が初めて東京で議席を失ったことにつながったと言えそうです。大いなる自爆でしたね。

おそらく参院選が一つの選挙区で一人しか当選しない小選挙区制だとしたら、山本太郎氏が当選することもなかったでしょう。彼の当選はひとえに参院選の東京選挙区が中選挙区制だったからだと思います。

選挙制度は人の運命を左右させ、時には国の運命も左右させることもあると思います。おかしな選挙制度が導入されてしまうと、国がおかしな方向に行くという可能性もあるでしょうから、当たり前の話ですが、選挙制度は極めて重要ですね。

小選挙区制、中選挙区制、比例代表制など選挙制度には様々なものがあります。それぞれに一長一短があります。どういう制度が良いかについて、国民・政治家・官僚・学者・メディアなどの叡智を結集して、少しでも良い制度にしていければと思います。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.07.24 Wed l ブログ l コメント (5) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1024-f0801b73
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)