TOP > マーケット雑感・運用状況 > ご覧のページ

日経平均チャート
楽天証券のマーケットスピードより

2012年はロングのみでしたが、今年は機を見て日本株を売買しています。5月23日に売却6月7日に購入していました。昨日に一部を売却しました。

スポンサーリンク

5~6月の売買は成功

ご質問を頂いたことから、6月末には6月7日に買った銘柄を公開していました。その銘柄の昨日終値までの騰落率は以下の通りでした。

銘柄 騰落率
from6/7
騰落率
from6/30
1344 MAXISコア30 +10.3% +2.6%
1346 MAXIS225 +14.3% +6.5%
1348 MAXISトピックス +14.3% +6.4%
2729 JALUX +10.7% +4.0%
3159 丸善CHIホールディングス +24.4% +8.9%
6425 ユニバーサルエンターテインメント +14.7% +16.8%
7581 サイゼリヤ +12.0% +1.7%
8163 サトレストランシステムズ +3.9% +1.8%
9319 中央倉庫 +13.0% +6.9%
9437 NTTドコモ +9.9% +1.5%
9936 王将フードサービス +21.6% +16.2%

ご質問に答えただけですが、ズッコケていたら、「曲がり屋48」・「逆噴射王子」・「武者二世」などという称号を授かりかねないため、ホッとしました。

騰落レシオが再び138.66まで上昇して過熱感が出てきたこと、参院選前にポジを落としておきたかったことから、日本株の一部を売却し、キャッシュ化しました。日本株:外国株=4:6くらいになりました。


参院選後のシナリオ

参院選は自民党の圧勝が予想されており、どこまで勝つかが焦点ですね。

相場に対するシナリオとしては、自民党・公明党で過半数、自民党・維新の会・みんなの党で2/3に届かないという展開がベストだと思います。

これだと与党で衆院3分の2を占めて、参院でも過半数(自民単独だと過半数割れ)ということになります。ねじれ国会が解消し、与党が安定的に政権を運営することが可能です。

もっとも、自民単独だと参院は過半数割れで、改憲に積極的な政党で参院で2/3に届かないことから、基本的には現状維持の路線で、安倍首相も憲法改正・国防軍創設といった路線は封印して、2016年までは経済再生に注力することが期待できます。

自民党が超圧勝して、自民で参院単独過半数、自民党・維新の会・みんなの党で2/3を超えた場合、安倍首相の悲願である憲法改正や国防軍といったイシューが現実味を帯びてきます。是非は別として、政局に不透明性が生じてボラティリティが出る可能性があります。

日本経済新聞の世論調査では、参院選で最も重視する政策は、景気・雇用32%、社会保障23%、税制改革13%、東日本大震災の復興6%、エネルギー政策5%、外交・安全保障5%、憲法改正5%、TPP2%、その他9%です。

経済と社会保障を最も重視する人が81%を占めており、外交・安全保障・憲法改正は10%にとどまります。参院選後は経済政策に注力して、憲法などのテーマは、2016年の衆参ダブル選挙で信を問うという方向性が望ましいのではないでしょうか。

以前にウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで、麻生財務相は、「この間、 野党をやってみて、世の中を見て、国民が何を考えているかといえば、憲法や教育ではない。国民の気持ちは絶対に景気対策、デフレ不況からの脱却、それに対するプライオリティーが1番だ」「参議院選に勝ったあと、もうしばらく、あと数年間は経済に専念すべしと言わなければならないのが私の仕事だと理解している」と述べました。個人的には、麻生財務相に共感します。


夏場から秋口にかけて調整、春にかけて再上昇へ

ドタ勘としては、選挙結果の如何を問わず、どこかで2番天井を付けて秋口にかけて小調整して、春にかけて再上昇という、よくあるパターンになるような妄想をしています。

カジノ解禁があったらカジノ関連銘柄、雇用規制緩和があったら人材関連関連銘柄、オリンピックの東京開催が決まったらゼネコン・セメント・空運・電鉄・旅行・ホテルなどの関連銘柄が物色されるかもしれませんね。

軟調な新興国株式もどこかで買い場が来るでしょう。新興国株式のポジは小さいため、しばらくは様子見です。継続ウォッチして買い場を探ろうと思います。

リスク要因としては新興国・欧州の炎上ですが、何とかなると妄想。米国の金融引締めについては、引き締めに転じる時期の初期の下落は買いがセオリーであることから心配していません。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.07.20 Sat l マーケット雑感・運用状況 l コメント (6) トラックバック (0) l top
    コメント
    No title
    記事の内容には完全に同意です。

    しかし、私は買ったタイミングが悪くて、
    殆ど利確できず、
    フルポジションでいなければならないところが苦しいところです。
    ┐(´~`)┌ ヤレヤレ
    2013.07.21 Sun l mushoku2006. URL l 編集
    Re: No title
    タイミングをつかむのは難しいですよね。私の今回も売ったら上がるかも><

    ただ、日本株は限界フルポジで落ち着かない日々だったので、ここで枕を高くして寝れるまでウエイトを落としました^^;
    2013.07.21 Sun l まつのすけ. URL l 編集
    大和ハウスについて
    相場環境絡みということで、
    こちらに記載させて頂きます。

    POの大和ハウス 6~9単元
    1000~1600程度手に入りそうです。

    悩んでいるのは、多少ホールドすべきかどうか、です。

    PER(16倍程度)でいえば、割高感は全然無いように思えます。
    また、今回のPOの目的が、関東でのシェア拡大、海外進出、とのことで、かなり前向きな増資だといえます。
    37年ぶりのファイナンスというのも好感が持てます。

    政策的にも、消費税の駆け込み需要を考えても、しばらくホールドしても良いようにも思えます。

    しかし、直近の大きめのPOの、IIJを例にして考えると、
    今のところ、受渡期日(19日)の終値あたりで売っているのが正解のようです。

    また、消費税増税が決定されるあたりは、株価が全般的に軟調なのではないかとも思えます。

    質問としては、抽象的ですみませんが、
    大和ハウスの株価、
    今後、半年~1年という所で、期待できそうでしょうか?
    2013.07.23 Tue l 星野リゾート. URL l 編集
    Re: 大和ハウスについて
    電通も大和ハウスも意外とあまり取れなくて切ないです。IPO・POの人気も高まっているような気がしています。

    アベノミクス相場第二弾でバブル的な状況になったら、同社も高騰しそうですね。ただ、他の不動産銘柄と比較してアウトパフォームするかというと微妙かもしれません。長い期間のホールドについては、中立的スタンスです。

    2013.07.24 Wed l まつのすけ. URL l 編集
    大和ハウスについて2
    アドバイスどうもありがとうございます。

    やはり、以前もおっしゃっておられましたが、ある程度の期間ホールドすると、
    3%程度のディスカウントも無きに等しいですものね。

    31日に入手した後、昨年の例をみると、
    8月10日あたりに、第一四半期の決算が公開されると思います。

    値動きが悪ければそれまでに売却、
    値動きがよければ、
    8月10日あたりで売却するか、考えようと思います。

    大和ハウスPO、証券会社によっては、かなり人気だったみたいです。
    まつのすけさんは、電通・大和ハウス どのくらい確保できましたか?

    ※私は、大和ハウスに絞り込み、電通は参加していません。
     大和ハウスと、タカミヤ、PO入手できました。
    2013.07.24 Wed l 星野リゾート. URL l 編集
    Re: 大和ハウスについて2
    一定期間ホールドするか否かは、POに当たらなかったとしても、普通に買いたいか否かがやはりポイントだと思います。

    電通は希望の3分の1くらい、大和は全然で6分の1くらいでした・・・。もっと貰えると思っていたので、切ない状況でした。

    昨年来、紆余曲折ありながらも相場が堅調に推移しているので、IPOやPOの人気が高まっていますね。
    2013.07.25 Thu l まつのすけ. URL l 編集
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1022-a62f9437
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)