TOP > IPO > ご覧のページ

ネクステージ(中古車販売事業)

ネクステージ(3186・東証マザーズ)のIPO・新規上場が決定しています。ブック・ビルディング期間は7月11日(木)~7月18日(木)です。想定価格は1,500円(1単元15万円)です。

スポンサーリンク

同社の事業内容は、中古車販売店事業、整備事業、保険代理店事業、自動車買取事業、中古車輸出事業、カーコーティング事業などです。

保険代理店事業は、損保の代理店として自動車保険の提案を行なっています。ダイレクト損保・ネット損保は拡大はしているものの、依然として対面経由での加入が圧倒的なシェアとなっています。まだまだ損保代理店事業は健在です。

千葉、埼玉、東京、神奈川、愛知、岐阜、大阪、兵庫、福岡に26拠点・31店舗を展開しています。国産普通車取扱店が23店舗、軽自動車取扱店が5店舗、輸入車取扱店が3店舗です。

ネクステージ・グループは、「良質なクルマをいつも誰もがお手ごろに」を企業理念としているようです。車にはそれ程には詳しくないんですけれども、運転は大好きであり、こういう企業理念には共感します。

ちなみに従業員数は426人、平均年齢28.9歳、平均勤続年数2.9年、平均給与約440万円となっています。平均年齢がかなり若くて、平均勤続年数がかなり短いですね。色々と想像が膨らむところです。

業績面は売上高は右肩上がり、利益も基本的には右肩上がりです。前期のデータでは、自己資本比率は21.2%、ROE33.5%です。1株当り純資産は順調に増加しています。

ネクステージ業績

ネクステージ利益

ネクステージ指標

IPOの規模は約12億円であり、それ程大きくはありません。

上位株主トップ10まででは、経営陣、株式会社SMN、VCなど(合計約94%)に原則として90日間のロックアップがかっています。ロックアップは1.5倍で解除されます。

株式市場はここに来て再度明るい状況となっており、IPOも高リターンが続いています。地味業種でも初値は高いケースが多いです。ネクステージの初値もプラスリターンになると予想します。

主幹事は野村證券であり、その他はSBI証券、東海東京、三菱UFJ、みずほ、極東、エース、高木で申し込めます。MUFJ経由でカブドットコム証券でも取扱があるかもしれません。

<投資スタンス>
やや強気
(※強気・やや強気・中立・やや弱気・弱気の5段階)

※過去1年間の初値予想履歴
IPO20130701.png

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.07.02 Tue l IPO l コメント (0) トラックバック (0) l top
    コメント
    コメントの投稿











    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1007-9e86c522
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)