TOP > 投資対象 > 定期預金・その他 > ご覧のページ

イオン銀行 (2)

資産運用にはあまり興味が無い友人が、イオンカードセレクト5,000WAONとイオン銀行の2%定期預金には興味を持ちました。久しぶりに会うついでに、「よくわからないのを勧誘されたらどうしたらいいか教えてほしいので、一緒に来てほしい」とのことで、同伴しました。私の家からはかなり遠かったので、旅行気分でした。

スポンサーリンク

イオン銀行 (1)

暮らしのマネープラザの半分ほどのスペースを占めているイオン銀行に行き、手続きを済ませました。

現在も6月末まで、年会費等は一切かからないイオンカードセレクトに申し込むと、5,000WAON(5,000円相当)がいただけるキャンペーンが再び開催されています。新規入会のみではなく、普通のイオンカードからの切替も対象です。

条件は、インターネット経由で6月末までに新規入会・切替を行うこと、2013年9月10日(火)までにクレジット払い合計30,000円(税込)以上利用することです。

電子マネーのWAONは、イオングループ、吉野家、マクドナルド、ビックカメラ、ヤマト運輸、ドン・キホーテなどで利用できるので、ほぼ現金同様の利便性があります。

以下のバナーからお申し込みいただくと、限定のキャンペーンが適用されます。完全無料です。

2%定期預金に預け入れる際、いくつかのパンフレットを渡されました。いずれもイオンカードセレクト限定の特典です。

普通預金の金利が6倍の0.12%

イオンカードセレクトの特典 (4)

カード保有者限定で、普通預金の金利が日本最高峰の0.12%となります。低金利ですけれども、1000万円なら税引き前で12,000円になりますね。イオンが近くにある方は、イオンカードセレクトを作成して、生活防衛資金をイオン銀行に眠らせておくのも一考かもしれません。

投資信託口座開設で500WAON

イオンカードセレクトの特典 (5)

年6%定期預金のパンフももらいました。3ヶ月ですので実質1.5%であり、1.05%の手数料の債券投信を買った場合は、0.45%であり、年1.8%となります。

ただし、リスクがあるので万人向きではありません。万人向きなのは、上の写真の下の方にある投資信託口座開設で500WAONキャンペーンです。1万円の投信を購入・定期預金に預け入れると、500WAONがいただけます。購入手数料が最も低い投信がいいでしょう。

ネット経由で投信購入で購入手数料をWAONでバック

イオンカードセレクトの特典 (6)

投信は売買手数料なしで信託報酬も安いものを買うのがセオリーですが、売買手数料がかかるものがほしくて、それがイオン銀行で取り扱っている場合は、こういうキャンペーンを利用して購入するのがいいですね。

NISA

イオンカードセレクトの特典 (1)

大手証券で始まっているNISA口座開設キャンペーンがイオン銀行でも開催されていました。これはイオンカードセレクト非保持者でもOKです。

特典は2,000WAONポイントです。大手証券は現金2,000円なので、もう少し頑張ってほしいところですね。2017年末までは投信の購入手数料が無料というのは大きいです。

もし購入手数料がかかる投信をNISAで運用したい場合は、イオン銀行が候補になるかもしれません。

まとめ

この中で最も利用しやすい特典は、0.12%の普通預金ですね。イオンが近くにある場合は、生活防衛資金の寝かし場所としては、かなり有力ではないかと思います。6月末までその条件であるイオンカードセレクトを作って一定条件を満たすと、5,000WAONがいただけるキャンペーンが行われています。

スポンサーリンク

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    2013.06.24 Mon l 定期預金・その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
    トラックバック
    トラックバック URL
    http://thegoalnext.blog.fc2.com/tb.php/1000-c3fa5e27
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)