TOP > ARCHIVE - 2011年07月

■米国債務上限引き上げ問題が、8月2日の期限に迫っています。この問題については、様々なメディアで語られており、「株は下落するだろうが、ドル・米国債はそれ程下落しない」という見解から、「トリプル安になる」という見解まで多様です。

個人的には、仮にテクニカル・デフォルトになった場合は、株式・REIT・ハイイールド債などのリスクアセットは下落する気がします。

他方、米国債はそれ程大きくは下落しないと思います。既に多くの識者が指摘しているように、ギリシャの場合は市場での国債消化が難しくなり、資金繰りがナニワ金融道状態になっているのに対して、米国はそういう状況ではないからです。

例えるなら、ATMの一日あたり上限引き出し額(例えば200万)があるため、本来は引き出せるのに引き出せなくなっているような状況ですよね。

2011.07.30 Sat l マーケット雑感・運用状況 l コメント (1) トラックバック (0) l top

先進医療保険とは

■先進医療とは、保険診療の対象となっていない新技術の中で、厚労省が一定の施設基準を設けて実施を許可した治療法です。 先進医療は、技術料は患者が全額自己負担となりますが、付随する入院や検査費などについては、通常の健康保険が適用されます。これが自由診療と異なる点。

先進医療を対象とした医療保険の先進医療特約は、月額約100円程度で加入できる商品が多く、加入者は増加傾向のようです。支払額や対象となる治療は保険会社によって異なるらしいので、比較検討が重要かもしれません。

また、支給に当たっては、疾患部位や過去の治療歴などの受診条件があるようです。例えば、インプラント義歯で先進医療保険がおりるのは、交通事故やがん治療などの場合のみ等の制約があるケースがあります。

新たな治療法が新たに先進医療に入ったり、逆に外れたり、先進医療から保険医療に移行する治療もあり、先進医療の中身は変化するようです。

2011.07.26 Tue l 保険 l コメント (2) トラックバック (0) l top
■2012年3月卒業の学生の就活も終盤期でしょうか。リクルートスーツ姿の学生をあまり見なくなりました。

「物凄く変な名前であるがゆえに、就活のエントリーシートがなかなか通過せず、就活に苦戦している学生がいる」というネットニュースを見ました。

百獣王(りおん)、小宇宙(こすも)、玲夢絵流(れむえる)、空流光(くるみ)などの名前の学生がいるそうです。

可能性は二つ。
(1)本当に変な名前であるがゆえに苦戦している。
(2)名前は決定的ではなく、他の要素で苦戦している。

どちらかはわかりません。(2)の可能性もあるかもしれないと思いました。 欧米の学者の研究によると、子供の成功と最も相関しているファクターは、生みの親ががどんな人物かであり、次が育ての親が与える環境のようです。

端的に言うと、前科5犯・自慢は人を殺したことがあることという暴力団員の父親と、元レディースで現ボッタクリバーのホステス役の母親から生まれ育てられた子供が、物理学者になる可能性は、限りなくゼロに近いということでしょう。

2011.07.21 Thu l 経済・社会・金融動向 l コメント (7) トラックバック (0) l top

■米ドル建てMMFを売却し、CMAM外国株式インデックスeを購入しました。外債・MMFの保有割合は2%まで低下し、外国株式は32%まで上昇しました。債券・MMF売却&株式購入のリバランスを再度行いました。これで11年前半の売買はラストで当面はそのままの予定です。

欧州のストレステストの結果が発表されました。満期保有債券は時価評価対象外ということで、何の意味もなさないという評価が大多数です。

どうもユーロの行く末には、日本における2003年のような事態が待ちうけているような気がしてきました。

ただ、この問題が本格的に火が吹いたら、ユーロ圏以外の国の株式やREIT、ハイイールド債なども大きく下落するような気がします。今年いっぱいは大丈夫で、2012~13年頃かなと妄想しています。

2011.07.17 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (7) トラックバック (0) l top

■コンタクト会社のメニコンがポロシャツ着用を義務化したようです。昨年度までは、ノーネクタイ等のクールビズを実施していましたが、実施状況にバラつきがあり、一律義務化したと報じられました。

「実施状況にバラつき」という点が、いかにも日本企業的ですね。

スーパークールビズ(以下、Sクール)を導入した企業は多いと思いますが、特に大企業では、実施状況については、事務所によってバラつきが出ると思います。

上の人たちが熱意を持って推進するケースは別として、とりあえず制度として導入したが、強いアナウンスがない場合は、Sクールが導入された初日からS全開という人は少ない気がします。

最初は様子を見計らってこれまでどおりの服装で出社し、Sクールでも浮かなそうな“空気”を察知してから、Sクールにするという人が多数派かもしれません。

2011.07.12 Tue l 経済・社会・金融動向 l コメント (0) トラックバック (0) l top

■毎年恒例の夏ボーナス定期預金キャンペーンが出揃っていました。

以下は、1年・3年・5年の年限における金利上位の銀行です。口座開設や預金にあたって来店しなければならなくて、一部地域のみに店舗がある銀行は除外しています。また、原則としてインターネット支店での取引の利率になります。

なお、現時点でのデータであり、変更される可能性はありますので、その点はご容赦ください。

2011.07.06 Wed l 定期預金・その他 l コメント (3) トラックバック (0) l top

■日本ハムのダルビッシュ有投手の弟が、傷害容疑と大麻取締法違反容疑で逮捕されたようです。逮捕されたダルビッシュの弟は、中学までは将来を嘱望されたサッカー選手でしたが、怪我で挫折し、荒廃した生活を送るようになったようです。

「ダルビッシュが、野球うまくなかったらどうなるか?」という点について、一定の示唆を与える事件でした。 スポーツの世界は非常に厳しい世界であり、ほんのわずかなトップの一握りに入ったら、膨大な収入を得られる一方、ほとんどの人達はスポーツで食べていけません。

また、後戻りが難しいのも、スポーツ界の特徴でしょう。スポーツ界で成功しようとのめり込んで、ダルビッシュ弟のように怪我をして挫折した場合、これまでの経験・スキルを活かすことは難しく、やり直しがきかない側面があるかもしれません。
やり直すとしたら、いわゆる会社員生活に適応できるメンタリティが必要。
2011.07.03 Sun l ブログ l コメント (4) トラックバック (0) l top