TOP > ARCHIVE - 2010年08月
■ファンダメンタル ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2010/8/278,9911.0715.551.00%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
819.621.0315.782.14%10.97 0.77


・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,150.651,064.59
予想PER(2010年末)12.0212.67
EPS844.4884.04
10年国債利回り2.65%2.65%
リスクプレミアム5%14,9601,489
リスクプレミアム6%12,7091,265
リスクプレミアム7%11,0461,099


■マーケット概況

シカゴ日経平均先物9月限(円建て)の終値は 9080 (大証終値比+110)。週明けは上昇からスタートか。

内外ともに株価が反発、長期金利も上昇、円高一服となり、久しぶりによい終わり方となった週末でした。日米ともに追加の金融緩和策が現実的色彩を帯びてきたことから、売り方の買戻しがあったのでしょうか。

TOPIXは、ここ1年半ほど続いている800~1,000のボックスの下限を死守した格好。

The Goal
米国の個人投資家は、株式に対して09年3月と同じくらい弱気の状況のようですが、往々にして個人投資家の心理が総悲観となる状況は、逆シグナル(株価の底)になりがちです。今が底ならいいですね。

2010.08.29 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (1) トラックバック (0) l top

■ファンダメンタル ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2010/8/209,1791.0915.700.94%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
829.591.0415.882.12%11.06 0.77

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,213.621,071.69
予想PER(2010年末)12.3613.14
EPS826.3481.55
10年国債利回り2.61%2.61%
リスクプレミアム5%14,7271,453
リスクプレミアム6%12,5001,234
リスクプレミアム7%10,8571,072

2010.08.22 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (4) トラックバック (0) l top
海外旅行の際にいつも迷うのが、「海外旅行保険を付けるか否か」です。ヨーロッパ、カナダ、アメリカ本土、中南米などへの遠出の際は一応つけますが、ハワイとか香港への短い旅行では本当に迷います。

クレジットカードに付帯されている保障でいいかな」と思う一方、海外では医療費は高額になる場合もあると聞くので、「自分は大丈夫と思うのはオーバーコンフィデンスかな。一応医療保障はつけておこうかな」とも思い、いつも迷います。

2010.08.21 Sat l 保険 l コメント (1) トラックバック (0) l top

損保ジャパンDIY生命が今夏に実施したアンケート調査、「夏のボーナスと家計の実態 」を見かけました。対象は全国の20~50代のサラリーマン世帯の主婦500人(各年代ごと125人)。

ボーナスの使い道(複数回答)のトップ3は、1位・預貯金、2位・生活費の補填、3位・ローンの支払い。※以下、グラフは上記報告資料から引用

The Goal

金額に換算した配分割合のトップ3も、預貯金、ローン、生活費補填。。。

The Goal

いかにも日本人的な使い方であり、実にシュールです。堅いなあ。

2010.08.17 Tue l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (0) トラックバック (0) l top

■ファンダメンタル ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/3/107,0210.8168.081.30%
2010/8/139,2531.0915.710.99%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
831.241.0415.922.12%11.13 0.77

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,303.151,079.25
予想PER(2010年末)12.4113.11
EPS830.2382.33
10年国債利回り2.67%2.67%
リスクプレミアム5%14,9001,478
リスクプレミアム6%12,6331,253
リスクプレミアム7%10,9641,087

2010.08.15 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (3) トラックバック (0) l top

SBIホールディングスが、個人向け社債を発行します。

利率は、1.86%

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

償還期間:1年

購入単位:10万円以上1万円単位

金利:1.86%

募集期間:2010/8/13(金)18:00 ~2010/8/25(水)(予定)

格付け:BBB(R&I)

販売会社:SBI証券

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

2010.08.13 Fri l SBI債 l コメント (0) トラックバック (0) l top

先週末は、「現在の国内外の債券市場の状況では、10年以上の債券は買いづらい」旨のことを書きました。その理由について何も触れていなかったので、補足したいと思います。

「金利は何が要因で決定するのか?」については、多種多様なファクターが絡み合っており、複雑怪奇であります。

一般論としてはいくつか挙げられますが、大雑把には長い目で見れば、名目GDP成長率と概ね連動すると思います。

数年前、日本でも、名目金利と名目GDP成長率の関係について大論争が巻き起こりました。学説が分かれているところだとは思いますが、厳密性・正確性を捨象して大雑把に言えば、「金利は名目GDP成長率と大きくはズレない」とは言えると思います。

例えば、ブラジルやインドのような高成長国で、長期金利が1%のような事態になることはほとんどなく、日本のような低成長国で、長期金利が10%になることはほとんどありません。

PIMCOのレポートでも、「(直近の)25年間の歴史では、ドイツと米国の10年債利回りが、それぞれの国の名目GDP 成長率を、平均して150~250bp(1.5%~2.5%)上回ってきた」と指摘されています。(カッコは補足)

一時的な例外はありますが、米国やドイツなどの先進国の長期金利は名目GDP成長率+1.5~2.5%で推移しており、大きく乖離することが長期にわたって継続することはありません。

2010.08.11 Wed l 資産運用の考え方 l コメント (0) トラックバック (0) l top