TOP > ARCHIVE - 2010年03月

■ファンダメンタル

<株式> ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2010/3/1210,7511.3431.991.35%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
936.381.2532.291.73%11.48 0.81

先週はTOPIXと比較して日経平均が急回復しました。米国においても、ニューヨークに比べてNASDAQが元気ですが、ハイテク製造業が堅調な流れとなっています。

PBR、配当利回りと長期国債の利回り差からは、依然として底値ゾーンの特徴が続いています。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,624.691,149.99
予想PER(2010年)13.0314.59
EPS815.4178.82
10年国債利回り3.70%3.70%
リスクプレミアム5%12,5431,212
リスクプレミアム6%10,8711,051
リスクプレミアム7%9,592927
NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、12,543~9,592

S&P500は、927~1,212

09年度の利益からはほぼ上限のラインですが、10年度の利益回復まで織り込めば、割高ではない水準が続いています。

2010.03.15 Mon l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top

■永遠の名作、チャールズ・エリス著「敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか」を読み返しました。本書の内容を一言で言うと、「株式を長期保有して、手数料を出来る限り抑えて、配当や分配金は再投資するのが良い」となるかと思います。

和訳が多少拙い面がありますが、資産運用の基本が述べられており、名著ではないかと思います。今回改めて読んでみて、面白いと思った内容を要約します。

2010.03.12 Fri l 資産運用の考え方 l コメント (1) トラックバック (0) l top
■T&Dフィナンシャル生命が、今年4月にも、毎年分配金を出す終身保険を発売するそうです。銀行などの金融機関で販売する予定のようです。毎年、定期的に分配金を出す終身保険は、保険業界で初だそうです。

公的年金では老後の生活が不安な高齢者に対して、「安全な資産運用ができ、老後の生活費の足しにできる。万が一の場合は保障もある」というセールストークで売るのでしょうね。

高齢層は保険に対する信頼が比較的高いと思われ、また、銀行窓口での終身保険の販売が増えているらしく、毎月分配型の投信が売れている状況からすると、ヒット商品になるかもしれません。利回りは個人向け国債よりも高く設定する予定だそうです。

ただ、終身生命保険や年金保険や養老保険等の貯蓄性保険を利用する際は、以下の点に注意した方がいいと思います。

(1) 予定利率ではなく、実質利率が重要
(2) 保険会社の信用リスク
(3)金利上昇リスク
(4)租税・社会保険料

以下順に述べます。

2010.03.10 Wed l 保険 l コメント (0) トラックバック (0) l top

■先週eMAXISシリーズの第1回運用報告書が発表されましたが、信託報酬以外のコストがどうなるかに注目が集まっていました。

eMAXISシリーズの第1回運用報告書から作成(単位は円)

The Goal

新興国株式以外のアセットクラスの投信は、STAMシリーズより低コストとなりましたが、新興国株式は大きな信託報酬以外のコストが発生しています。

今回のeMAXISの決算は、設定後3ヶ月程度しかたっていない状況であり、当初は純資産額が小さい状況の時期があったので、来期はさすがにここまで膨らむことはないような気がしますが、早くも来期の決算が楽しみです。

過去1ヶ月のeMAXIS新興国株式とSTAMの騰落率を比べてみると、若干eMAXISの方が高いかな?という印象です。

※青がeMAXIS、赤がSTAM The Goal

11月以降の騰落率を比較すると、今度は若干STAMの方が高いような印象です。 The Goal

11月初めから3/5までの騰落率を出してみると、eMAXISは約+4.964%、STAMは約+5.297%であり、STAMのほうが約0.333%上回っています。

これに対して、2/8から先週末までの騰落率では、eMAXISが約+7.361%、STAMが約+7.329%となり、eMAXISの方が約0.032%上回りました。

もちろん単純なコスト以外の要因が影響しているかもしれませんが、最近はeMAXISのパフォーマンスがよくなっているようです。

2010.03.08 Mon l 投信・ETF l コメント (3) トラックバック (0) l top

■ファンダメンタル

<株式> ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2010/3/510,3691.3131.041.30%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
910.811.2131.391.78%11.38 0.80

日経平均のPBR(1.31)が、久しぶりに2003年の大底時(1.29)を上回りました。配当利回りは依然として長期国債の利率を上回っています。PERは割高ですが、景気低迷時には利益が急減し、回復時には利益が急回復するのが日本企業の特徴です。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,566.201,138.70
予想PER(2010年)12.9514.31
EPS815.9879.58
10年国債利回り3.68%3.68%
リスクプレミアム5%12,5921,228
リスクプレミアム6%10,9091,064
リスクプレミアム7%9,622938

NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、9,622~12,592

S&P500は、938~1,228

現時点での2010年の利益回復予想を織り込めば、割高な状況ではありません。

2010.03.07 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (2) トラックバック (0) l top

個人向け社債の常連、野村ホールディングスの個人向け社債が起債されます。

利率は、0.60~1.10%

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

償還期間:3年

購入単位:100万円

金利:0.60~1.10%

募集期間:2010/3/15~2010/3/23

格付け:A+(R&I)、AA-(JCR)、Baa1(Moody's)、A-(S&P)

   

引受人:野村証券

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

2010.03.04 Thu l 個人向け社債 l コメント (0) トラックバック (0) l top
a0001_016385.jpg


政府が公表した2010年度の税制改正大綱において、年金保険で適用されている相続税・贈与税の優遇措置の廃止が盛り込まれたと報じられました。

2010.03.03 Wed l 保険 l コメント (0) トラックバック (0) l top