TOP > ARCHIVE - 2010年01月

■ファンダメンタル

<株式> ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2010/1/2910,1981.2935.21.30%

・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
901.121.2035.391.78%11.32 0.84
予想配当利回りが長期国債利回りを上回る逆転現象が続いています。底値圏の特徴です。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,067.331,073.87
予想PER(2010年)13.3514.15
EPS754.1175.87
10年国債利回り3.58%3.58%
リスクプレミアム5%11,8201,189
リスクプレミアム6%10,2181,028
リスクプレミアム7%8,999905

NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、8,999~11,820

S&P500は、905~1,189

2010年の回復予想を織り込んだとしたら、標準的な株価水準が継続しています。09年度比では予想PER19.77であり、ほぼ上限。

S&P500で900近辺まで下落した場合は、まとまった金額を購入する予定です。

2010.01.31 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top

■先日は、貯蓄・資産形成の方程式について述べました。再掲します。

資産形成の方程式=収入-支出+(資産×運用利回り)

具体的方法は、以下の3つです。

(1)収入を増やす (2)支出を減らす (3)運用利回りを上げる

そして、(1)収入の根源的要素である「人的資本」について述べましたが、本日は私が実践している細かい点について述べたいと思います。

2010.01.30 Sat l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (2) トラックバック (0) l top

■先日は貯蓄額の平均についてエントリを書きました。アクセス解析によると、貯蓄額がらみの検索ワードでアクセスして頂いた方が多くいらっしゃいました。やはり注目度が高いテーマなんですね。今日は貯蓄形成について書いてみたいと思います。

世の中には多種多様なダイエット方法が氾濫していますが、ダイエットするための方法は、いたってシンプルです。

ダイエットの方程式は、「摂取カロリー - 消費カロリー < 必要カロリー」だと思います。例えば必要カロリーが2,000なら、摂取カロリーをそれ以下に抑えるか、運動して消費しなければなりません。

具体的対策は、以下の2つしかありません。
(1)栄養バランスに配慮しつつ、摂取カロリーを減らす
(2)消費カロリーを増やす

バナナダイエットやプロテインダイエットは(1)の方向であり、コアリズムやWiiFitやフィットネス・エクササイズは(2)の方向ですね。野菜や魚、卵、豆類と少量の炭水化物を中心に、高タンパク低カロリーの食事を取り、甘いものや油分は断ち、週3~4回スポーツジムに通えば、理論上は確実にやせると思います。

しかし、「言うは易し、行うは難し」でしょうね。。私もタバコを止めて以来体重が少し増加してしまいました。ベストの体重に戻そうとしているのですが、ここ2ヶ月ほどは、忘年会や新年会や接待やコンパなどで週2~3回ほどは飲み会があり、まだ落とせていません。。

2010.01.28 Thu l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (3) トラックバック (0) l top

■金融広報中央委員会から「家計の金融行動に関する世論調査(2009年) 」が、発表されました。

そのデータを見ると二人以上のファミリー家計の金融資産保有額は、平均額が1,124万円(前年比-28万)、中央値が500万(前年比+70万)となりました。※貯蓄を保有していない世帯を含む。

※金融資産保有額は、預貯金、財形貯蓄、貯蓄性のある生命保険、債券・株式・投資信託などの運用資産の合計額

年代別に見ると、下表の通りです。

(単位:万円)

 貯蓄なし平均値中央値
20代28.7%248100
30代24.0%458200
40代22.6%771380
50代23.2%1,086550
60代19.9%1,677900

貯蓄がない世帯を除いた貯蓄保有世帯に限定すると、平均額が1,508万円(前年比-30万)、中央値が800万(前年比+50万)でした。世代別内訳は、下表の通りです。

(単位:万円)

 平均値中央値
20代364220
30代618338
40代1,023600
50代1,451900
60代2,1381,346
2010.01.26 Tue l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (0) トラックバック (0) l top

■ファンダメンタル

<株式> ・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2010/1/2210,5911.3537.061.31%
・TOPIX

TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
940.941.2537.261.70%11.26 0.86

NT倍率(日経平均÷TOPIX)とTS倍率(TOPIX÷S&P500)は、過去10年間で最もTOPIXが軟調である水準ですが、徐々にTOPIXの出遅れが解消されています。配当利回りが長期国債を上回っており、底値ゾーンの特徴が継続しています。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,172.981,091.76
予想PER(2010年)13.3515.04
EPS762.0272.58
10年国債利回り3.61%3.61%
リスクプレミアム5%11,8881,132
リスクプレミアム6%10,284979
リスクプレミアム7%9,061863

NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、9061~11888

S&P500は、863~1132

2010年までの利益回復を織り込めば、標準的な株価水準であり、割高感はありません。2009年度の予想PERでは約19.90(S&P500)となり、ほぼ上限。

<為替>

・購買力平価
 ドル円ユーロ円
消費者物価指数136.83102.20
企業物価105.43103.06
市場相場89.81126.90
輸出物価73.5496.53

購買力平価からは、ドル円は73~105円のスパンであり、前回(75~108円)よりも円高方向に振れました。ユーロ円は引き続き割高ゾーンであり、100円までの下落余地あり。

2010.01.24 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日 は、みずほ信託銀行が、年金基金向けの「長期基本モデル・アセット・ミックス」において、国内外の株式の期待リターン、国内外の債券の期待リターンを同じに設定していること、「国内株式の期待リターン=外国株式の期待リターン」の考え方について述べました。

※再掲
長期投資環境見通しと資産別期待リターン・リスク みずほ信託銀行
The Goal


今日は、「国内債券の期待リターン=外国債券の期待リターン」の考え方の背景について述べます。このブログには、以前に外債と国内債券の期待リターンについて書いたことがありました。
----------
外国債券に投資すべきか?(1)
外国債券に投資すべきか?(2)
外国債券に投資すべきか?(3)
----------

今回は違う角度から見てみたいと思います。
2010.01.21 Thu l 資産運用の考え方 l コメント (0) トラックバック (0) l top
■みずほ信託銀行が、年金基金向けの「長期基本モデル・アセット・ミックス」の中で、山崎元さんと同じような期待リターンの設定をしていました。

The Goal

何より目につくのは、期待リターンについて、国内債券=外国債券、国内株式=外国株式に設定してある点です。余談ですが、国内債券やキャッシュの期待リターンが高めなのは、中長期的なインフレ予想を反映させているためでしょう。

※山崎元さんのコラム→アセットアロケーションを計算する(上)



2010.01.19 Tue l 資産運用の考え方 l コメント (0) トラックバック (0) l top