TOP > ARCHIVE - 2009年11月

■ファンダメンタル

<株式>

・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/11/279,0811.1331.051.24%

・TOPIX
TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
811.011.0731.611.97%11.20 0.74
大型増資による希薄化懸念はありますが、TOPIXの予想配当利回りは、長期国債の金利を上回っています。長期的観点からは割安ゾーンが継続と判断。
株価の底値圏においては、予想配当利回りが、長期国債の利回りを上回る現象が発生しています。2003年、2008年後半~2009年上期に発生しましたが、再度発生しています。
引き続き、TOPIX連動投信(ETF)を定期的に購入します。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,309.921,091.49
予想PER12.9514.72
EPS796.13 74.14
10年国債利回り3.21%3.21%
リスクプレミアム5%11,3571,058
リスクプレミアム6%9,939926
リスクプレミアム7%8,836823

NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、8,836~11,357

S&P500は、823~1,058

標準的な株価水準であり、割高感はありません。引き続き、MSCI-KOKUSAI連動投信を通して、米国株へ投資します。

<為替>

・購買力平価
 ドル円ユーロ円
消費者物価指数138.58102.88
企業物価108.52103.72
市場相場86.55129.53
輸出物価75.3299.42
購買力平価からは、ドル円は75~108円のスパン。ドル円85円割れでドル建てMMFを購入予定でした。一時84円台に突入しましたが、急反発し、86円台半ばまでリバウンドしました。もう少々様子を見ます。購入後は、5円円高になるごとに買い増します。
ユーロ円は割高ゾーンが継続。名目120円が過去のインフレ率換算後の実質相場の平均であり、ユーロ円120円割れでユーロ建てMMFを購入予定。以降、5円円高になるごとに買い増します。
※長期的投資であり、短期売買とは無関係です。

2009.11.29 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top

11月に入ってから、携帯のメールアドレス宛に、楽天に加入しているショップから、広告メールが頻繁に届くようになりました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

しかも大容量の画像付きデコメールなので、重くてパケット代がかさむし、いちいち削除するのが面倒で困っていました(*´д`*)ハァハァ

楽天は個人情報で以前も問題になりましたので、心配になりました。

楽天、利用者のメールアドレスを含む個人情報を「1件10円」でダウンロード販売していることが判明

「楽天」が抱えている10個の問題点まとめ

楽天グループは、何かサービスやキャンペーンを利用すると、広告メールが送られてくることが多いので、楽天証券以外は基本的には使っていませんでした。ですので、なぜ送られてくるのか不思議でした。

しばらく考えて、原因として思いついたのは、「楽天ツールバー」をインストール際に、ポイント山分けキャンペーンに応募したことです。ちゃんと細かい条件を見てなかったです。。。

最初は地道に解除すればいいかなと思っていたのですが、解除しても解除しても、次から次に新しいショップから頻繁に送られてきます。しかも、携帯のショップのメルマガは、一斉解除ができません(この仕様は意図的でしょう)。。。

※私は仕事の都合上、PCからのメールを一斉拒否したり、アドレス帳に登録されているアドレス以外を拒否したりができません。また、自分の携帯は指定ドメインからの拒否もできない仕様でした。

ついに我慢できなくなり、楽天に連絡して、一切送らないようにしてもらおうと思いました。

2009.11.28 Sat l ブログ l コメント (7) トラックバック (0) l top

先日、iSharesのMSCI EMERGING指数連動ETF(EEM)について、過去の騰落率のデータを収集しました。そこで、新興国株式指数は、1週間の中で月曜日が最も軟調であることがわかりました。

「月曜日は軟調」のアノマリーに当てはまったので、「もしかしてこのアノマリーは本当?」と気になり、新興国株式指数以外についても調べてみました。

■新興国株式

新興国株式のデータも再掲します。iSharesのMSCI EMERGING指数連動ETF(EEM)のデータを用いました(2003/4/15~2009/10月末)。

曜日別の騰落率は、下表の通りとなります。

 前日比騰落率平均
8.85%0.03%
36.72%0.11%
47.84%0.14%
17.83%0.05%
60.20%0.18%
平均34.29%0.10%

月曜日が最も軟調です。

■日本株式

日経平均のデータを集計しました。1984年1月~2009年10月末です。

 前日比騰落率平均
-92.29%-0.08%
31.45%0.02%
56.54%0.04%
85.16%0.07%
-11.18%-0.01%
平均13.94%0.01%

やはり月曜日が最も軟調です!

2009.11.26 Thu l 資産運用の考え方 l コメント (0) トラックバック (0) l top

■先日発行されたSBI債は、またしても即完売でした。驚異の販売力を見せています。

SBIの北尾CEOの古巣・野村ホールディングスも、新規に個人向け社債を発行します。

利率は、1.00%

野村の3年社債は、前回は1.72%でした。。金融緩和による信用コストの低下を如実に物語ってますね。。

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

償還期間:3年

購入単位:100万円

金利:1%

募集期間:2009/11/26~2009/12/3

格付け:A+(R&I)、AA-(JCR)

    

引受会社:野村証券

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

2009.11.26 Thu l 個人向け社債 l コメント (0) トラックバック (0) l top

■ファンダメンタル

<株式>

・日経平均

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/11/209,4971.1732.211.30%

・TOPIX
TOPIXPBR予想PER配当利回りNT倍率TS倍率
838.711.1032.641.90%11.32 0.77
大型増資による希薄化懸念はありますが、TOPIXの配当利回りは、長期国債の金利を0.6%上回っています。長期的観点からは割安ゾーンが継続と判断。
株価の底値圏においては、予想配当利回りが、長期国債の利回りを上回る現象が発生しています。2003年、2008年後半~2009年上期に発生しましたが、再度発生しました。
引き続き、TOPIX連動投信(ETF)を定期的に購入します。

・米国

 NY Dow30S&P500
終値10,318.161,091.38
予想PER12.9514.78
EPS796.77 73.86
10年国債利回り3.37%3.37%
リスクプレミアム5%11,1131,030
リスクプレミアム6%9,752904
リスクプレミアム7%8,689805

NYダウのファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、8,689~11,113

S&P500は、805~1,030

標準的な株価水準であり、割高感はありません。引き続き、外国株投信(ETF)を購入します。

<為替>

・購買力平価
 ドル円ユーロ円
消費者物価指数138.58102.88
企業物価108.52103.72
市場相場88.86132.62
輸出物価75.3299.42
購買力平価からは、ドル円は75~108円のスパン。ドル円85円割れで、ドル建てMMFを購入します。以降5円円高になるごとに買い増します。
ユーロ円は割高ゾーンが継続。名目120円が過去のインフレ率換算後の実質相場の平均であり、ユーロ円120円割れでユーロ建てMMFを購入予定。以降、5円円高になるごとに買い増します。
※中長期的な話であり、短期売買とは無関係です。

2009.11.23 Mon l マーケット雑感・運用状況 l コメント (2) トラックバック (0) l top

前々回前回 と外債投資の一般論について述べました。今日は自分自身の考え方をまとめようと思いました。

※あくまで自分のスタンスであり、「これが正しい」、「これ以外は間違っている」と言っているわけではありません。零細個人の一意見ということで。

私自身は、「常に、アセットアロケーションの一定割合で外債に投資する」ということはしていません。アセットアロケーションの管理は、「国内債券」と「外国債券」を区分せずに、「債券」とセグメントしています。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

※これは私だけではなく、年金の運用においては、国内と国外を区分せずに資産配分を設定している基金もあります。国内企業では、3年ほど前の日産自動車が、国内株式という区分を設けずに、グローバル株式として一括してセグメントしていました。当時の年金資産配分は、グローバル株式35%、グローバルREIT5%、国内債券50%、外国債券10%でした。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

そして、いわゆるGTAA (グローバル・タクティカル・アセット・アロケーション)的に、国内債券と外国債券の割安度に応じて、配分比率を機動的に変更することにしています。

円債と外債の割安度は、購買力平価とインフレ率勘案後の過去の実質相場から判断します。

常に外債投資をしない理由は、以下の2点です。

先日述べたように 、 経済理論上は、長期的には高金利通貨が下落して、名目金利差は帳消しになり得るので、外債投資においては為替レート(円高にならないこと)が非常に重要。

この点、為替レートは、株式とは異なり、長期的に見ると右肩上がり(円安)となる訳ではないので、いつ外債を買っても成功するとは限らないような気がしている。

②円債に比べて外債が割安になった時(円高・高金利通貨安)に、外債投資を行うと、大きなリターンを期待できると感じる。

③過去の歴史(高金利通貨高とその巻き戻し)を見てみると、外債投資はとても難しく感じるため、「この水準なら大丈夫だろう」という安全圏でのみ投資したい。

2009.11.21 Sat l 資産運用の考え方 l コメント (2) トラックバック (0) l top

前回 は、外債投資に当たっては、期待リターンの設定が重要であること(リスクと相関性は過去の平均データでOK)、100%ヘッジの外債と国内債券は、期待リターンが同じであると思うことについて述べました。

では、以下3つの債券の期待リターンは、どれが一番大きいでしょうか?

①日本国債 利率1.5%

②アメリカ国債 利率3.5%(為替ヘッジなし)

③オーストラリア国債 利率5.5%(為替ヘッジなし)

これについては、見解が分かれています。各見解を見てみます。

2009.11.19 Thu l 資産運用の考え方 l コメント (0) トラックバック (0) l top