TOP > ARCHIVE - 2009年07月

幅広い人気を誇るさわかみファンド。澤上篤人氏が数年前にファンドマネージャーの座を息子の澤上龍氏に譲り、運用の第一線からはひいていました。

さわかみファンドの次期後継者候補であった岡大氏を追放し、投資経験が3~4年程度しかなく、フリーターだった息子の澤上龍氏に運用を任せることに対しては、批判の声もありました。

ちなみに、岡大氏は現在、ありがとう投信のファンドマネージャーをなさっているそうです。

個人的には、運用のスキルがあり、運用者として優秀であれば、世襲であろうがなかろうがいいと思いましたが、日経の記事を見る限りは、正直う~む・・・でした。

2009.07.28 Tue l 投信・ETF l コメント (0) トラックバック (0) l top

■投資部門別売買状況(東証)7月第3週(7/13-7/17)

(単位:億円)

外国人2週ぶり買い越し1166
個人3週ぶり売り越し-408
信託銀行3週連続売り越し-785
証券自己3週連続売り越し-139

この週は、日経平均9287→9395円

※7/21-7/24の寄付前外資系証券注文状況は、5040万株の買い越し。

ここ2週間、外国人の買い越し基調が続いています。それに伴い、日経平均も上昇

■ファンダメンタル

<株式>

・日本

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/7/249,9441.2741.411.36%

日経平均は、まだ2003年の大底より割安。1万以下なら、中長期的観点からは買いだと思いますし、ドルコスト平均法的にETFを購入しています。

・米国

 Dow30S&P500
終値9,093.24979.26
予想PER12.3112.90
1株あたり利益738.69 75.91
10年国債利回り3.66%3.66%
リスクプレミアム5%9,643991
リスクプレミアム6%8,530877
リスクプレミアム7%7,647786

ニューヨークダウ30のファンダメンタル上のレンジ(割安~普通)は、7,647~9,643。S&P500は、786~996。

<為替>

・購買力平価
 ドル円ユーロ円
消費者物価指数141.18104.61
企業物価111.16103.21
市場相場94.79134.60
輸出物価79.1599.42
ドル円レンジは80~110円。85円、80円割れした際には、FXでドル買い予定。
※中長期的な話であり、短期売買とは無関係です。

2009.07.26 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (2) トラックバック (0) l top

りそなホールディングスに続き、三菱東京UFJ銀行が、来月に個人向け劣後債を発行します。

利率は、1.80%~2.50%(中央値2.15%)

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

償還期間:8年(発行後3年以降、期限前償還条項あり)

購入単位:250万円

金利:1.80%~2.50%(8/6条件決定)

募集期間:2009年8月10日~8月27日

格付け:AA-(JCR)

予定引き受け会社:三菱UFJ証券550億、野村証券150億、日興シティグループ証券150億、大和証券SMBC150億

発行総額:1000億

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

2009.07.25 Sat l 個人向け社債 l コメント (0) トラックバック (0) l top

りそな銀行などの持ち株会社、りそなホールディングスが、来月に個人向け劣後債を発行します。

利率は、2.25~3.25%

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

償還期間:8年2ヶ月(発行後3年2ヶ月以降、期限前償還条項あり)

購入単位:200万円

金利:2.25~3.25

募集期間:2009年8月4日~8月21日

格付け:A-(R&I)※取得予定

    

予定引き受け会社:野村証券、日興シティグループ証券、大和証券SMBC、みずほ証券、三菱UFJ証券

発行総額:数百億

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

2009.07.22 Wed l 個人向け社債 l コメント (0) トラックバック (0) l top

-----

※これまでの経過です。


【SBI再値下げ】楽天にどこまでもついて行くSBI

-----

決着はついた、SBI証券の再値下げで手数料値下げバトルは終結したと思いました。

SBIのどこまでもついていくという姿勢を見せたことから、楽天証券側がこれ以上値下げしても、SBIが再度値下げする可能性が高いことから、消耗戦を避けるため、楽天が降りると思いました。

しかし、楽天証券が3度目の値下げを発表しました。それに対抗して、SBIが即座に3度目の値下げを発表。

再び、全ての価格帯でSBIの方が若干安価になりました。

1注文の約定代金SBI楽天
10万円まで147円150円
20万円まで196円200円
50万円まで362円370円
100万円まで647円660円
150万円まで774円790円
3,000万円まで1225円1250円
3,000万円超1294円1320円

※両社とも、1注文の約定に対し課金するコースです。

2009.07.21 Tue l 経済・社会・金融動向 l コメント (0) トラックバック (0) l top

SBIと楽天の値下げバトルが勃発しています。

楽天証券の再値下げに対抗し、本日、SBI証券が再値下げしました。

これで、両社の手数料は、以下の通りとなりました。

1注文の約定代金SBI楽天
10万円まで170円180円
20万円まで212円225円
50万円まで382円405円
100万円まで680円720円
150万円まで807円855円
3,000万円まで1,275円1350円
3,000万円超1,338円1417円

若干ですが、全ての価格帯でSBIが安価なように、SBIが再値下げしました。

2009.07.16 Thu l 経済・社会・金融動向 l コメント (0) トラックバック (0) l top

しばらく前に、駒澤大学、慶應大学などがデリバティブ取引などで多額の損失を計上し、大学のカモっぷりが露になりました。

どうやら、地方自治体も証券会社のカモにされていたようです。

以下、朝日新聞から引用

「神戸市は、仕組み債を組み込んだ金銭信託165億円を運用しており、約30億円の評価損。」

「福岡県飯塚市は、世界銀行などの仕組み債3商品を計25億円購入し、全体で評価額が3分の2程度に落ち込んでいる。

仕組み債は3年前、日興コーディアル証券から勧められた。預金や国債で運用してきたが、低金利で、一部を別の運用手法がないか探していた。

オーダーメードの金融商品なので買い手がおらず、売るに売れない。他の自治体が購入した仕組み債の多くも同様だ。」

2009.07.15 Wed l 定期預金・その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top