TOP > ARCHIVE - 2009年06月

■2009年6月の購入です。

①TOPIX連動型ETF(1306)

②STAMグローバル株式インデックス・オープン

③STAM新興国株式インデックス・オープン

④東証REIT指数連動型ETF(1343)

⑤住信SBIネット銀行1年定期(0.9%)

①~③は、定期的に購入しています。

TOPIX連動ETFについては、今月も野村のもの(1306)を購入しました。三菱UFJの「MAXISトピックス上場投信」(1348)は、出来高がまだ数千程度なのが若干気になっています。

もっとも、純資産は100億を超えていますし、そちらを買っても問題はないと思います。

④東証REIT指数連動ETFを買ったのは、大和証券が、大手不動産ファンドのダヴィンチ系列のREITに100億を出資し、傘下に収めると同時に、REITの運用会社をダヴィンチから買収したという新聞記事を見てです。

新聞記事によると、大和証券は不動産市況が割安圏に入ったと判断しているらしく、自分もその判断に乗っかってみようと思いました。

REITの株価は、スポンサー企業の信用力によって、二極化が進んでいますが、このように、大手企業の参入が増えれば、市場の信頼感が高まり、株価にもプラス材料となりそうです。

⑤住信SBIネット銀行の定期は、生活防衛資金(生活費2年分)の一部です。住信SBIネット銀の定期預金は解約しても、利率が10分の1になるだけですので、生活防衛資金の一部を定期預金に入れています。

2009.06.30 Tue l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top
生保の個人年金保険への関心が高まっているという新聞記事を見ました。日本生命は、定額型個人年金「マイドリームプラス」を販売しているらしいです。2007年度の新規契約数は1万件台だったが、2008年度は約5万6000件に急増したとのこと。金融危機による株安の影響でしょう。

生保の年金保険については、利回りは、国債プラス0.1%くらい(10年は1.6%、5年は0.9%)はあるのかな?と思っていました。

一般的に、保険商品は、高い手数料をとられることが多いと思いますし、生保の個人年金を買うということは、自分で運用するよりも生保に運用を依頼する方が高い利回りが期待できるからという趣旨だと思います。

ですので、個人が安全に運用できる国債の利率にプラスアルファがあるのかなと考えました。しかし、予想は見事に外れました。

2009.06.23 Tue l 保険 l コメント (2) トラックバック (0) l top

住友信託銀行の夏の定期預金キャンペーンが実施中です。

いわゆる有名で歴史があり安心感がある銀行(信託銀行)の中では、金利がトップクラスである住信。

5年は年0.85%、2年は年0.6%になります。

以下の条件がついています。

-----

期間中、新たなご資金で以下定期預金に100万円以上お預入れされた方に、金利を優遇いたします。

※お振替・ご継続・ご解約・当社からご出金された資金でのお預入れは対象外です。

※お預入日の前月初日の営業日以前より普通預金にお預入れのご資金は対象となります (例:6月にお預入れの場合、5月1日以前より普通預金にお預入れのご資金は対象です)。

-----

2009.06.20 Sat l 定期預金・その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

■大阪府の公募公債が、募集中のようです。

利回りは、10年ものが年1,69%、5年ものが年0.924%

1万円単位で購入可能。

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

償還期間:10年/5年

発行総額:200億円(10年)/300億(5年)

購入単位:1万円単位

利回り:年1.69%(10年)/年0.924%(5年)

募集期間:2009年6月3日~6月23日

取扱金融機関:野村証券、大和証券、日興コーディアル証券、岡三証券など

.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚.。.:*・゚☆.。.:*・゚

ちなみに、前回の東京都公募公債(10年)の利回りは、1.585%。少し大阪の方が高い。

2009.06.19 Fri l 個人向け社債 l コメント (0) トラックバック (0) l top

今回は短期売買・ヘッジ取引以外の具体的な売買対象についてまとめます。

■日本株式

・個別株式

・TOPIX連動型ETF(1306)

※ETFには、以下の二つのリスクがあります。

①指標との乖離リスク・・・ETFは、基準価額が対象となる指標に連動することを目指して運用されますが、基準価額と対象指標が乖離することがあります。なお、市場の急変時などには、対象指標に連動する運用が困難になる場合もあります。

②流動性リスク・・・市場の需給等の状況によっては、予期した価格で売買できない可能性や売買が成立しない可能性もあります。また、上場ファンドが、取引所の定める上場廃止基準に該当する場合、上場廃止になることがあります。

一般的に、純資産総額が100億円以上(海外ETFは1億ドル以上)あるETFには、安定感があると言われています。

また、売買高は、最低1万以上できれば10万以上)あれば、安定的とされています。

※信託報酬が最安値なのは、三菱UFJの「MAXISトピックス上場投信 」(1348)です。信託報酬は年0.0819%で、カブドットコム証券だと売買手数料無料です。

出来高が野村のETFと比較すると少ないですが、終値ベースでは、純資産と市場での売買価格の乖離は少ないので、終値で買う分には問題ないと思います。

・日経平均連動ファンドでは、ニッセイ日経225インデックスファンド が、信託報酬が投信の中では最安値(年0.2625%)です。無分配・再投資の方針であるため、分配金を出さない方を好む方には、いいファンドでしょう。

また、三菱UFJのETF、「MAXIS 日経225上場投信 」(1346)が、信託報酬が投信・ETF含めて最安値(年0.1785%)。カブドットコム証券だと売買手数料無料です。

※日経平均は、構成されている225の銘柄の株価が等しく平均化されることから、株価が高い値嵩株(製造業に多い)の価格変動の影響が大きい性質があり、また、採用銘柄にはハイテク株(電気機器)が多いです。

ただ、ハイテク値嵩株がアウトパフォームするような局面(ITバブルや2009年3月からの株価上昇)も、勿論あり得ます。

2009.06.17 Wed l 資産運用の考え方 l コメント (10) トラックバック (0) l top
■投資部門別売買状況(東証)6月第1週(6/1-6/5)

外国人2週連続買い越し880
個人2週連続売り越し-383
信託銀行2週ぶりに売り越し-660
証券自己9週連続売り越し-6

※6/8-6/12の寄付前外資系証券注文状況は、3460万株の買い越し。

ここのところは、外国人の買い越し基調、信託銀行と証券自己の売り越し基調が続いています。信託銀行と証券自己は、日経平均7000~8000円の時にたんまり買い越しているので、利益確定の模様。

■ファンダメンタル

<株式>

・日本

日付日経225PBR予想PER国債
2003/4/287,6081.29109.090.61%
2007/7/2918,2622.0719.531.95%
2009/6/510,1351.3143.151.50%

昨年10月以来久しぶりに、PBRが2003年の大底を上回りました。ただ、まだPBR的には、2003年の大底と水準は変わらないため、インデックス連動ETFの毎月の定期的購入を継続します。
日経平均が11,500~12,000に上昇した場合は、購入継続の是非を再検討します。

・米国

 Dow30S&P500
終値8,799.26946.21
予想PER12.4912.68
1株あたり利益704.50 74.62
10年国債利回り3.79%3.79%
リスクプレミアム5%9,044958
リスクプレミアム6%8,015849
リスクプレミアム7%7,196762

米国の株価は、妥当な水準が継続。現在の株価から20%程度下落すると、いい買い場。

<為替>

・購買力平価
 ドル円ユーロ円
消費者物価指数140.40104.29
企業物価112.18103.56
市場相場98.37137.83
輸出物価75.0392.80
「ドル円90円割れ、ユーロ円110円割れまでは、外貨買いは見送り。また、現在の超低金利状況では、外債の購入も見送り。」のスタンスを継続します。
※中長期的な話であり、短期売買とは無関係です。
2009.06.14 Sun l マーケット雑感・運用状況 l コメント (0) トラックバック (0) l top

ボーナス時期に合わせた夏の定期預金キャンペーンが、今年もやってきました。

意外と知られていないのですが、1980年以降、1年定期預金の利率がインフレ率を下回ったのは、2度だけ であり、1年定期預金には、インフレへの対応力があります。

したがって、1年定期預金も有力な投資対象と考えています。

もちろん、①大手銀行ではなく、利率がいい銀行に預けること、②万一の破綻に備え、1行あたり1000万以下にすることは重要。

2009.06.13 Sat l 定期預金・その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top