TOP > CATEGORY - 投信・ETF

img_積み上げられた薪

ここ数ヶ月は不安定な相場動向が続いています。このような局面で安定しているのは、投資信託の積立投資かもしれません。

積立て投資はドルコスト平均法になります。ドルコスト平均法は有利でも不利でもないのが原則です。しかし、一気投資は売買タイミングが良いと高パフォーマンスとなりますが、高値掴みしてしまうと、阿鼻叫喚となります。

2014.05.06 Tue l 投信・ETF l コメント (0) トラックバック (0) l top

投信積立のメリット

投信積立(積立投資)という投資手法があります。毎月、設定した投信を自動的に買い付けるサービスであり、購入時期が分散されることで高値掴みのリスクが低減します。また、ほとんどの投資信託は分散投資されているので、個別銘柄リスクが低減します。

複数の種類の投信を組み合わせて積立てたり、バランスファンド型の投信を積み立てると、複数の資産クラスに分散投資可能です。

投信積立は、投資対象と投資タイミングの両方が分散されるので、万人向けの投信購入方法です。特に初心者にはおすすめの手法ですね。

数多くの証券会社で投信積立ができますが、圧倒的におすすめでパフォーマンスが高いのは、SBI証券での積立です。

2014.04.25 Fri l 投信・ETF l コメント (4) トラックバック (0) l top

ニッセイアセットマネジメント

2013年12月に「ニッセイグローバルリートインデックスファンド」が設定されました。S&Pグローバルリートインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)に連動するインデックス投信であり、信託報酬が年率0.45%(税抜)と海外REITインデックスに連動する投資信託では日本最安値なのが特徴です。

設定後の値動きについて、信託報酬以外のコストも含めた実質コストが最安値である「Funds-i 外国REIT」と比較しました。

2014.04.24 Thu l 投信・ETF l コメント (0) トラックバック (0) l top

ニッセイアセットマネジメント

2013年12月に「ニッセイ外国株式インデックスファンド」が設定されました。MSCIコクサイ(配当込み、円換算ベース)に連動するインデックス投信であり、信託報酬が年率0.39%(税抜)と同じインデックスに連動する投資信託では日本最安値なのが特徴です。

設定後の値動きについて、信託報酬以外のコストも含めた実質コストが最安値である「SMTグローバル株式インデックスオープン」と比較しました。

2014.04.20 Sun l 投信・ETF l コメント (0) トラックバック (0) l top

「現在バンクローンファンドを買うのはどうか?」というご質問を頂きました。バンクローンとは、その名の通り銀行等の金融機関が、資金調達を必要とする企業等に対して行う融資ですね。バンクローン投資について簡単にまとめて、バンクローンファンドを買う時期として望ましいか否かについて述べます。

2014.03.27 Thu l 投信・ETF l コメント (4) トラックバック (0) l top

アメリカ国旗

今年から始まったNISAでは高利回りものが人気のようであり、日本では高分配金利回りの投信の人気が根強いです。米国のハイイールド債も依然として人気が高いようです。ハイイールド債買いタイミングはいつが良いかを判断する指標について述べます。

2014.03.26 Wed l 投信・ETF l コメント (2) トラックバック (0) l top

JPX日経インデックス400という株価指数が新たにスタートしました。ROE・営業利益・時価総額を主な基準として、資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点などから投資魅力の高い会社400銘柄を選出した指標です。投資信託やETFが設定されています。JPX日経インデックス400にどう向き合うか。

2014.01.15 Wed l 投信・ETF l コメント (2) トラックバック (0) l top