TOP > タグ - NISA

img_積み上げられた薪

ここ数ヶ月は不安定な相場動向が続いています。このような局面で安定しているのは、投資信託の積立投資かもしれません。

積立て投資はドルコスト平均法になります。ドルコスト平均法は有利でも不利でもないのが原則です。しかし、一気投資は売買タイミングが良いと高パフォーマンスとなりますが、高値掴みしてしまうと、阿鼻叫喚となります。

2014.05.06 Tue l 投信・ETF l コメント (0) トラックバック (0) l top

投信積立のメリット

投信積立(積立投資)という投資手法があります。毎月、設定した投信を自動的に買い付けるサービスであり、購入時期が分散されることで高値掴みのリスクが低減します。また、ほとんどの投資信託は分散投資されているので、個別銘柄リスクが低減します。

複数の種類の投信を組み合わせて積立てたり、バランスファンド型の投信を積み立てると、複数の資産クラスに分散投資可能です。

投信積立は、投資対象と投資タイミングの両方が分散されるので、万人向けの投信購入方法です。特に初心者にはおすすめの手法ですね。

数多くの証券会社で投信積立ができますが、圧倒的におすすめでパフォーマンスが高いのは、SBI証券での積立です。

2014.04.25 Fri l 投信・ETF l コメント (4) トラックバック (0) l top

wall_赤ちゃん

生まれたばかりのNISA口座の売買注文が開始されました。注目度も上昇していますね。世間一般における知名度もそこそこある気がします。私もこの度NISA口座を開設しました。NISA口座については以前にまとめました。ご参考になれば幸いです。

NISA(ニーサ)比較大全

2013.12.26 Thu l 経済・社会・金融動向 l コメント (0) トラックバック (0) l top

NISAのイメージ

NISA(ニーサ)とは

NISAとは、NISA口座での上場株式・投資信託・上場投資信託(ETF)・上場不動産投資信託(REIT)等の取引によるキャピタルゲインや配当金に5年間税金がかからなくなる制度です。

NISA口座の非課税枠は、年間100万円まで(総枠500万円)です。普通の場合は20.315%(2013年は10.147%)の税金が、無税となるのが大きなメリットです。

2013.10.14 Mon l 資産運用の考え方 l コメント (2) トラックバック (0) l top

NISA口座開設

2014年からスタートする非課税制度、NISA。金融機関の口座開設キャンペーンやNISA口座専用の手数料設定が、次から次に出ています。比較検討が重要です。今週はカブドットコム証券と松井証券で新たな動きがありました。日経にも掲載されましたね。

2013.08.25 Sun l 資産運用の考え方 l コメント (2) トラックバック (0) l top

wall_city.png

日本版ISA(NISA)の導入が近づいてきており、証券会社では、NISA口座開設申込書等の送付予約の受付が始まりました。日本版ISA(NISA)の概要についてまとめました。

2013.04.30 Tue l 家計・公的年金・社会保険 l コメント (2) トラックバック (0) l top